お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-18 11:00
"NEURO-ITS" ? ... IT WOULD NOT REQUIRE HECTIC ACTIVITIES ON GROUND TRUTH !
Mikio SasakiDENSO
抄録 (和) 2013年ITS世界会議東京ではCV(Connected Vehicle)とAV(Automated Vehicle)が
収斂する時代の到来が予見された。今後、プローブカーやビッグデータ、スマフ
ォとの連携が集合知としての車の知能化に拍車をかけることは必至であり、すで
にIBMやミシガン大学では実証実験を開始した。一方で、ニューロコンピュータ
の開発も米国SyNAPSEプロジェクトを中心に実用化の兆しが現れている。これら
を踏まえて本稿では、従来の機械学習で最大のネックであった膨大な正解データ
(Ground Truth)の収集・教示作業を激減させ、かつ画像による環境理解性能を
飛躍的に向上させる枠組みとして多視点走行映像認識を提案し、その技術的可能
性を検討する。 
(英) In the World Congress On ITS 2013 Tokyo, it was stated that CV(Connected Vehicle) and AV(Automated Vehicle) will converge in the near future. Then no doubt the cooperation between probe cars and big data, smartphones will raise the movements towards intelligent vehicles as the collective intelligence, which is partly begun as the field experiments conducted by UMTRI and as the other ones by IBM. On the other hand, the R&D of neuro computer conducted by DARPA SyNAPSE project has also shown the sign of the beginning of industrializations. In this article, we firstly propose the multi-viewpoint driving scene recognition which is expected to drastically reduce the amounts of tasks to collect and teach huge size of GT (ground truth) which has been serious bottleneck of conventional machine learning. Also it is expected to improve drastically the performance of environment understanding according to the scene information. Secondly, we investigate the feasibilities of technical realization in both aspects of current level and future level, especially regarding the evolution process of ET (estimated truth) towards GT.
キーワード (和) Neuro-ITS / プローブカー / GT(正解) / ET(推定解) / ニューロコンピュータ / 集合知 / 多視点 / トラッキング  
(英) Neuro-ITS / probe car / ground truth / estimated truth / neuro computer / collective intelligence / multi-viewpoint / tracking  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ITS 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) "NEURO-ITS" ? ... IT WOULD NOT REQUIRE HECTIC ACTIVITIES ON GROUND TRUTH ! 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Neuro-ITS / Neuro-ITS  
キーワード(2)(和/英) プローブカー / probe car  
キーワード(3)(和/英) GT(正解) / ground truth  
キーワード(4)(和/英) ET(推定解) / estimated truth  
キーワード(5)(和/英) ニューロコンピュータ / neuro computer  
キーワード(6)(和/英) 集合知 / collective intelligence  
キーワード(7)(和/英) 多視点 / multi-viewpoint  
キーワード(8)(和/英) トラッキング / tracking  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹木 美樹男 / Mikio Sasaki / ササキ ミキオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-18 11:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IEICE-ITS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会