お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-20 15:30
直交度基準ユーザ選択手法を用いるMU-MIMOシステムの屋内伝送実験による特性評価
西野 智齊藤 俊谷口眞人村田英一京大
抄録 (和) 周波数利用効率を向上させる技術として提案されているmulti-user MIMO伝送システムにおいて特性を改善する技術としてユーザ選択手法が検討されている.ユーザ選択の特性は伝搬路の空間相関性に大きく影響を受けるため,実伝搬環境における特性評価が重要となる.これまでにユーザ選択手法に関する検討は数多く行われているが,計算機シュミレーションによる検討が主であり,伝送実験による評価はあまり行われていない.本稿では屋内実伝搬環境において複数のユーザ選択手法をユーザ配置を変化させて伝送実験を行い,それぞれの特性の評価を行っている.実験結果よりユーザ選択手法によって伝送特性は改善したが,ユーザ配置によって特性に大きな違いが生じることが確認できた. 
(英) We consider user selection schemes for multi-user MIMO systems with linear precoding. In this work, we apply two user selection schemes based on the orthogonality between the propagation channel of users. Indoor transmission experiments are carried out under several scenarios and the performances of user selection schemes are evaluated. It is shown that the transmission performance is improved and the user selection schemes are remarkably affected by path loss between users.
キーワード (和) Multi-user MIMO / 屋内伝送実験 / ユーザ選択手法 / / / / /  
(英) Multi-user MIMO / Indoor experiment / User selection schemes / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 8, BCT2014-39, pp. 25-28, 2014年2月.
資料番号 BCT2014-39 
発行日 2014-02-13 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2014-02-20 - 2014-02-21 
開催地(和) かんぽの宿 山代 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交度基準ユーザ選択手法を用いるMU-MIMOシステムの屋内伝送実験による特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Orthogonality-Based User Selection Schemes for Multi-User MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multi-user MIMO / Multi-user MIMO  
キーワード(2)(和/英) 屋内伝送実験 / Indoor experiment  
キーワード(3)(和/英) ユーザ選択手法 / User selection schemes  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 智 / Nishino Satoshi / ニシノ サトシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 俊 / Saito Suguru / サイトウ スグル
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 眞人 / Taniguchi Masato / タニグチ マサト
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Murata Hidekazu / ムラタ ヒデカズ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-20 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2014-39 
巻番号(vol) 38 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数
発行日 2014-02-13 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会