お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-21 10:20
偏波MIMO-超多値OFDM方式を用いた8Kスーパーハイビジョン地上波伝送実験
齋藤 進蔀 拓也朝倉慎悟土田健一斉藤知弘渋谷一彦NHK
抄録 (和) 筆者らは,8Kスーパーハイビジョン地上放送の実現に向けて,大容量地上伝送技術の研究開発を進めている.今回,熊本県人吉市に実験試験局を設置し,偏波MIMO-超多値OFDM技術を使用した8Kスーパーハイビジョンの地上波伝送実験を実施した.その結果,UHF帯の1つのチャンネル(6MHz幅)で91Mbpsに圧縮符号化した8Kスーパーハイビジョン信号を約27kmの長距離伝送することに世界で初めて成功したので,その概要を報告する.併せて,人吉市周辺の50地点におけるエリア測定で得られた結果から,キャリア変調方式を256QAM,1024QAM,4096QAMとした場合の所要電界強度や,MIMO伝搬路特性についても報告する. 
(英) We are conducting research on the next generation of digital terrestrial broadcasting to enable large-volume content services such as 8K Super Hi-Vision (8K). We have installed an experimental station for 8K transmission at Hitoyoshi city, Kumamoto prefecture, Japan using dual-polarized multiple-input multiple-output (MIMO) technology and ultra-multilevel orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) technology.
In these 8K field experiments, we succeeded in carrying out the world's first 8K terrestrial transmission (91 Mbps) at long distance over 27 km using only UHF (ultra-high frequency) single channel (6 MHz). We also report the required field strength for 256QAM, 1024QAM, and 4096QAM carrier modulation scheme and the response of dual-polarized MIMO transmission channel.
キーワード (和) 8Kスーパーハイビジョン / 次世代地上放送 / 大容量伝送 / 偏波MIMO / 超多値OFDM / / /  
(英) 8K Super Hi-Vision / next generation of digital terrestrial broadcasting / dual polarized MIMO / ultra-multilevel OFDM / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 8, BCT2014-45, pp. 53-56, 2014年2月.
資料番号 BCT2014-45 
発行日 2014-02-13 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2014-02-20 - 2014-02-21 
開催地(和) かんぽの宿 山代 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波MIMO-超多値OFDM方式を用いた8Kスーパーハイビジョン地上波伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field experiments of 8K Super Hi-Vision transmission using Dual-polarized MIMO and ultra-multilevel OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 8Kスーパーハイビジョン / 8K Super Hi-Vision  
キーワード(2)(和/英) 次世代地上放送 / next generation of digital terrestrial broadcasting  
キーワード(3)(和/英) 大容量伝送 / dual polarized MIMO  
キーワード(4)(和/英) 偏波MIMO / ultra-multilevel OFDM  
キーワード(5)(和/英) 超多値OFDM /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 進 / Susumu Saito / サイトウ ススム
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔀 拓也 / Takuya Shitomi / シトミ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 知弘 / Tomohiro Saito / サイトウ トモヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-21 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2014-45 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2014-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会