お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-04 14:35
音楽聴取時と聴取する楽曲の印象の描画表現時の脳活動分析
掛川茉祐名取哲也菊池眞之政倉祐子板宮朋基西野由紀子荻谷光晴酒百宏一若林尚樹東京工科大
抄録 (和) 本研究は,音楽から得られるイメージを描画する時と音楽を聴くときの脳活動について様々な観点から調べた.実験では16ch NIRSを用いて描画と音楽聴取時の脳活動計測を行った.フィッシャーの線形判別法を用いて分析したところ,分離度が高いことが判明した.結果より感性演習経験者関しては音楽聴取や描画に関するチャンネルとして4チャンネル付近が関連しているのではないかと示唆された.今後,更に多くの被験者を用いて実験を行う必要がある. 
(英) This study attempted to examined of brain activity during listening to music and expressing impression of them by drawing from various viewpoints. We analyzed brain activity measured from 16ch NIRS during listening to music and drawing. We were used Fisher’s linear discriminant method in the analysis. As a result, we conclude that as for the subjects who has been experienced Kasei training, channel 4 conches the listening to music and drawing. After this, we should employ more subjects for our experiment.
キーワード (和) 音楽 / NIRS / 感性 / 脳活動 / 印象表現 / / /  
(英) Music / Near-Infra-Red Spectroscopy / Kansei / Brain activity / Expressing impression / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 10, HI2014-34, pp. 25-28, 2014年3月.
資料番号 HI2014-34 
発行日 2014-02-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-03-04 - 2014-03-05 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音楽聴取時と聴取する楽曲の印象の描画表現時の脳活動分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of brain activity during listening to music and expressing impression of them by drawing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽 / Music  
キーワード(2)(和/英) NIRS / Near-Infra-Red Spectroscopy  
キーワード(3)(和/英) 感性 / Kansei  
キーワード(4)(和/英) 脳活動 / Brain activity  
キーワード(5)(和/英) 印象表現 / Expressing impression  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 掛川 茉祐 / Mayu Kakegawa / カケガワ マユ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学大学院 (略称: 東京工科大)
Graduate School of Bionics, Computer and Media Science, Tokyo Universicty of Techology. (略称: Grad. School of Bionics, Comp. and Media Sci.Tokyo univ. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 名取 哲也 / Tetsuya Natori / ナトリ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 眞之 / Masayuki Kikuchi / キクチ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 政倉 祐子 / Yuko Masakura / マサクラ ユウコ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 板宮 朋基 / Tomoki Itamiya / イタミヤ トモキ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 由紀子 / Yukiko Nishino / ニシノ ユキコ
第6著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻谷 光晴 / Mitsuharu Ogiya / オギヤ ミツハル
第7著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒百 宏一 / Koichi Sakao / サカオ コウイチ
第8著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 尚樹 / Naoki Wakabayashi / ワカバヤシ ナオキ
第9著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-04 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-34 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2014-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会