お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-05 11:10
MST野の応答特性を考慮した動画像に対する顕著性推定モデル
森本 譲小濱 剛近畿大
抄録 (和) 本研究では,高速度の自己運動時において,注意が誘導される領域の予測を行う数理モデルの構築を目的として,視野内の特徴点の運動方向を検出するMT野の中心周辺特性を再現する顕著性推定モデルに対して,前進・後退や回転などの大局的な運動に選択性を有するMST野の機能を拡張した.提案モデルは,MT野の各方向成分出力に対して,方向に依存した偏りを持たせた空間荷重和を得ることにより,MST野の応答を求めるものである.シミュレーションの結果,拡散運動するドットに対するMST野の基本的な応答特性が再現されることが示され,これにより,有効視野の振る舞いに類似した視覚情報処理範囲の制約が生じることが示された.また,自動車内に固定したカメラにより撮影した映像を入力として与えた結果,従来モデルと比較して,消失点近傍を中心に顕著性を有するオブジェクトの抽出が可能となり,日常生活における経験的な直感とよく一致する応答が示された. 
(英) The purpose of this study is to construct a mathematical model which predicts saliency regions in high-speed egocentric-motion movies by reproducing the properties of the area MST neurons' receptive fields. MST neurons detect global motions such as expansion, contraction, rotation, and so on. Our proposed model is based on a previous model which reproduces center-surround properties of the area MT neurons' receptive fields. MST neurons in the model integrate the responses of the MT neurons by convolving with spacial weight functions of which central portions are biased to preferred direction. The simulation results suggest that the modeled MST neurons can detect expansive motions from dynamic random-dot patterns and behave like the effective field of view. The results for the movies which were taken in a running vehicle indicate that the proposed model detects more salient objects around the vanishing point than the previous model. Furthermore, salient regions computed by our model are well similar to our experiential impression of the input movies.
キーワード (和) MST野 / MT野 / 受容野モデル / 顕著性マップ / 有効視野 / / /  
(英) Visual area MST / Visual area MT / Receptive field model / Saliency map / Effective field of view / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 10, HI2014-42, pp. 57-60, 2014年3月.
資料番号 HI2014-42 
発行日 2014-02-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-03-04 - 2014-03-05 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MST野の応答特性を考慮した動画像に対する顕著性推定モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A saliency estimation model for motion images based on receptive field properties of the visual area MST 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MST野 / Visual area MST  
キーワード(2)(和/英) MT野 / Visual area MT  
キーワード(3)(和/英) 受容野モデル / Receptive field model  
キーワード(4)(和/英) 顕著性マップ / Saliency map  
キーワード(5)(和/英) 有効視野 / Effective field of view  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 譲 / Yuzuru Morimoto / モリモト ユズル
第1著者 所属(和/英) 近畿大学大学院 生物理工学研究科 電子システム情報工学専攻 (略称: 近畿大)
Department of Electronic System and Information Engineering, Graduate School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki U (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 生物理工学部 システム生命科学科 (略称: 近畿大)
Department of Computational Systems Biology, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-05 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-42 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2014-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会