お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-05 10:20
物理的な物体色限界輝度と色の見えのモード変化の臨界輝度の関係
福田一帆沼田 藍内川惠二東工大
抄録 (和) 物体色が取りうる輝度範囲は,照明環境により物理的に制限される.人間は色を見たときに,その色の色度輝度情報および周辺刺激の情報から,その色が物体表面であるか光源であるかを知覚するが,このとき視覚系は物理的な物体色限界輝度と適合した知覚を生じるのだろうか.シーンに分布する色の色度輝度情報と色の見えのモード変化の臨界輝度を心理物理実験により測定し,照明環境から物理的に定まる物体色限界輝度の理論値を計算により求めて両者を比較したところ,有意な相関が得られた.これは,視覚系が物理的な物体色限界輝度と適合したメカニズムを有していることを示唆する. 
(英) The maximum luminance of an object color is physically restricted by its illuminant condition. To understand whether human color vision behaves appropriately for this physical limitation when judging color appearance mode, we showed the relationship between the luminosity threshold for surface color mode perceptions and the luminance-chromaticity distribution of surrounding colors in a psychophysical experiment, then compared its result with the calculated physical limitation of object colors under given illuminant conditions. The results showed significant correlation between them, suggesting that human color vision has acquired a mechanism appropriate for the physical limitation of objects colors.
キーワード (和) 色覚 / 色の見えのモード / 物体色 / 光源色 / オプティマルカラー / / /  
(英) Color vision / Color appearance mode / Object color / Illuminant color / optimal color / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 10, HI2014-40, pp. 49-52, 2014年3月.
資料番号 HI2014-40 
発行日 2014-02-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-03-04 - 2014-03-05 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理的な物体色限界輝度と色の見えのモード変化の臨界輝度の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical Limitation of Object Color's Luminance and Critical Luminance for the Transition of Color Appearance Mode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色覚 / Color vision  
キーワード(2)(和/英) 色の見えのモード / Color appearance mode  
キーワード(3)(和/英) 物体色 / Object color  
キーワード(4)(和/英) 光源色 / Illuminant color  
キーワード(5)(和/英) オプティマルカラー / optimal color  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 一帆 / Kazuho Fukuda / フクダ カズホ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼田 藍 / Ai Numata / ヌマタ アイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内川 惠二 / Keiji Uchikawa / ウチカワ ケイジ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-05 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-40 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2014-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会