お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 16:35
ドット絵のためのタイルパターングラデーションの自動生成手法
松島立弥渡辺大地東京工科大
抄録 (和) ドット絵はコンピュータグラフィックスの描写表現の1つである.低解像度でもキャラクターや物体の概要を視認可能な画像を指し,古い手法ながら近年でもビデオゲームなどに用いられている.タイルパターングラデーションは,独特のドット配置によって,少ない色数でグラデーションを再現する手法である.近年でも質感再現に用いられるなど,根強い人気から活用される機会も多い.しかし,作業の綿密さや困難さゆえに,制作には多大な労力と時間がかかってしまう.本研究では,ドット絵におけるタイルパターンの表現に着目し,自動でグラデーションを施す手法を提案する. 
(英) Pixel art is a description technique of the computer graphics. The artists produce the lusterware image to be able to recognize the summary of a character and the object by using Pixel art technique. This technique is still used and for a long time in the video game for low resolution graphics. Tile pattern gradation is a technique for expressing the gradation in a peculiar dot arrangement by a little number of colors. In recent years, Tile pattern is used from the deep-rooted popularity at a lot of chances like the expression of texture etc. However, it takes a lot of labors and time to produce from details and the difficulty of work. In this paper, we focused on the Tile pattern of pixel art and suggest technique to generate the gradation by the automatic operation.
キーワード (和) ドット絵 / タイルパターン / 画像処理 / Self-Quotient Image / / / /  
(英) Pixel art / Tile pattern gradation / Image processing / Self-Quotient Image / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 16, AIT2014-46, pp. 63-66, 2014年3月.
資料番号 AIT2014-46 
発行日 2014-03-10 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-17 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2014-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドット絵のためのタイルパターングラデーションの自動生成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The method of automatically generating tile pattern gradation for Pixel Art 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドット絵 / Pixel art  
キーワード(2)(和/英) タイルパターン / Tile pattern gradation  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(4)(和/英) Self-Quotient Image / Self-Quotient Image  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 立弥 / Tatsuya Matsushima / マツシマ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学大学院 (略称: 東京工科大)
Tokyo Univershity of Technology Graduate School (略称: Tokyo Univ. of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 大地 / Taichi Watanabe / ワタナベ タイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo Univershity of Technology (略称: Tokyo Univ. of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 16:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2014-46 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会