お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 16:00
折りたたみ可能な切開辺を含む軸対称形状の設計
加瀬悠人三谷 純福井幸男金森由博筑波大
抄録 (和) 本研究では,軸対称な立体モデルを対象とし,厚みのある平坦に折りたたみ可能な多面体モデルの構築を実現する. 入力はユーザがスクリーン上をクリックすることより描かれる折れ線であり,この折れ線が多面体モデルの断面線を構成し折りたたみ可能となるために折れ線の修正を行い,その折れ線に厚みを加える.出力は多面体モデルの折りたたみパターンのアニメーションや,3Dモデルデータ,折り曲げ方向に関する情報となる.生成される多面体モデルの折りたたみ方法は,平らなプレートで天頂面を上から下に押しつぶす操作で実現し,また元の形状に戻すには天頂面を下から上に引っ張る操作で実現する.多面体モデルの形状は平面多角形の集合で表されるものとし,水平な辺はヒンジによって接続されて折れ角を変更でき,それ以外の辺は折りたたみ時には切開することで分離し,元の立体形状を成すときには切開された辺が接合される構造を持つものとする. 
(英) We propose a method to design axisymmetric structures that can be folded flat. The flat configuration of the model is obtained by pushing the structure downwards. Our model is represented by a polyhedron with a vertical symmetry axis. The edges that are not coplanar to the axis are hinges that connect two faces allowing their dihedral angle to change. The other edges are open during the folding process, binding two faces only in the original 3D configuration. The design interface consists in using mouse clicks to input an arbitrary outline formed by connected line segments. This outline is the desired axial cross section of the model. Usually, the input produces structures that are not flat-foldable and, therefore, we have to adjust the length and position of the line segments to enable flat-foldability. This is an optimization process, changing the outline the minimum possible. In this process, we consider the assignment of the fold directions on hinges in order to make the folding process easier. Finally, we output the data of a flat-foldable model, the assignment of fold directions and the animation of the folding process.
キーワード (和) 折りたたみ / 軸対称形状 / 設計 / / / / /  
(英) Flat-fold / Axisymmetric-structure / Design / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 16, AIT2014-44, pp. 55-58, 2014年3月.
資料番号  
発行日 2014-03-10 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-17 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2014-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 折りたたみ可能な切開辺を含む軸対称形状の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flat-Foldable Axisymmetric Structures with Open Edges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 折りたたみ / Flat-fold  
キーワード(2)(和/英) 軸対称形状 / Axisymmetric-structure  
キーワード(3)(和/英) 設計 / Design  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加瀬 悠人 / Yuto Kase / カセ ユウト
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University Of Tsukuba (略称: Univ. Of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 純 / Jun Mitani / ミタニ ジュン
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University Of Tsukuba (略称: Univ. Of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 幸男 / Yukio Fukui / フクイ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University Of Tsukuba (略称: Univ. Of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 由博 / Yoshihiro Kanamori / カナモリ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University Of Tsukuba (略称: Univ. Of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 16:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2014-44 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会