映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 14:30
映像コンテンツのシナリオアナリシス支援ツールの提案
大石貴之菅野太介戀津 魁三上浩司近藤邦雄東京工科大
抄録 (和) 映像コンテンツ制作におけるリスクを軽減するため,シナリオを分析・評価するシナリオアナリシスという作業がある.シナリオを分析する際の通読評価では,一定の時間で内容を理解し評価をする必要がある.そのため通読後の記入時に評価箇所を正確に探せない,記載ミスが生じるといった問題がある.本研究はシナリオの通読評価の支援を目的とし,評価者の通読中の注目箇所と注目度合いを記録・可視化する手法を提案した.通読用の自動シナリオ表示機能と,注目度の入力・保存・グラフ化機能を持つシナリオアナリシス支援ツールを開発した. 
(英) To reduce the risk in the motion picture production, there is a work of scenario analysis to analyze and evaluate the scenario. It's necessary to analyses the scenario within a limited amount of time. Therefore, there are problems that an analyst can’t find the exact point of the analysis or written mistake would occur in analysis writing. We proposed a method which is to store the attention of analyst and visualize it because of helping analyst read through of scenario analysis. We developed a tool to support scenario analysis with the functions of displaying scenario automatically and inputting, storing and graphing the attention.
キーワード (和) シナリオ / シナリオアナリシス / 映像コンテンツ / / / / /  
(英) Scenario / Scenario analysis / Motion picture / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 16, AIT2014-74, pp. 153-154, 2014年3月.
資料番号  
発行日 2014-03-10 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-17 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2014-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像コンテンツのシナリオアナリシス支援ツールの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of support tool for scenario analysis of motion picture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シナリオ / Scenario  
キーワード(2)(和/英) シナリオアナリシス / Scenario analysis  
キーワード(3)(和/英) 映像コンテンツ / Motion picture  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 貴之 / Takayuki Ohishi / オオイシ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 太介 / Daisuke Kanno / カンノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戀津 魁 / Kai Lenz / レンツ カイ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学大学院 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami / ミカミ コウジ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 邦雄 / Kunio Kondo / コンドウ クニオ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 14:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2014-74 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.153-154 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会