お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 16:30
概念モデルの可視化を用いたLEGO SERIOUS PLAYのファシリテータ支援アプリケーション開発
荒井脩人伊藤弘樹菊池 司拓殖大
抄録 (和) 本研究はLEGO® SERIOUS PLAY®のファシリテータの支援を行いファシリテータがファシリテートしている上での暗黙知を形式知に置き換え表現しファシリテータに自身ファシリテートを知る機会を作るアプリケーション開発である.暗黙知を形式知に置き換え表現をする際には,概念モデルの可視化を使用する. 
(英) This search is an application development to create the opportunity to know itself facilitation facilitator expressed replaced with explicit knowledge and tacit knowledge of on the facilitator is facilitation effort assistance facilitator of LEGO® SERIOUS PLAY®. When the expression substituted for explicit knowledge tacit knowledge, using visualization of the conceptual model.
キーワード (和) アプリケーション / iPad / LEGO® SERIOUS PLAY® / 概念モデル / / / /  
(英) Application / iPad / LEGO® SERIOUS PLAY® / Facilitator / Conceptual Model / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 16, AIT2014-89, pp. 195-196, 2014年3月.
資料番号  
発行日 2014-03-10 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-17 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2014-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 概念モデルの可視化を用いたLEGO SERIOUS PLAYのファシリテータ支援アプリケーション開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Support application development facilitator of LEGO SERIOUS PLAY 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーション / Application  
キーワード(2)(和/英) iPad / iPad  
キーワード(3)(和/英) LEGO® SERIOUS PLAY® / LEGO® SERIOUS PLAY®  
キーワード(4)(和/英) 概念モデル / Facilitator  
キーワード(5)(和/英) / Conceptual Model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 脩人 / Nobuhito Arai / アライ ノブヒト
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 弘樹 / Kouki Itoh / イトウ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi /
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 16:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2014-89 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.195-196 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会