お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-17 11:00
本錆と副錆の挙動を考慮した錆の経年変化テクスチャ生成
田邉竜馬森谷友昭森本有紀高橋時市郎東京電機大
抄録 (和) リアリティのあるCGを制作するためには,劣化,汚れ,損傷の表現が欠かせない.我々は,中でも鉄の腐食である錆に着目し,その表現を探求している.錆には,実際に鉄が腐食した部分の錆(本錆)と,本錆が雨などで下に流れた錆(副錆)の2種類がある.本錆と副錆に分けて,錆が発生,拡大する様子をシミュレーションしたところ,実際に錆が発生する様子を経時的に撮影した画像に類似した結果が得られたので報告する. 
(英) Rust is indispensable in order to synthesize realistic computer generated
images. There are two kinds of rust. One is a kind of rust that iron was
corroded actually, and another is a kind of rust that has been peeled from
rusted iron surfaces and drifted flow of rainwater. We have developed a rust
simulation system based on a cellular automaton that generates rust aging
textures considering two kinds of rust. Several simulation results verify
that two kinds of rust is effective to generate rust aging textures compared
with real rust photos.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 錆のシミュレーション / 副錆 / 本錆 / セルオートマトン / / /  
(英) Computer Graphics / Rust simulation / Main-rust / Sub-rust / Cellular automaton / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 16, AIT2014-55, pp. 95-98, 2014年3月.
資料番号 AIT2014-55 
発行日 2014-03-10 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2014-03-17 - 2014-03-17 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2014-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 本錆と副錆の挙動を考慮した錆の経年変化テクスチャ生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Generation Method of Rust Aging Texture Considering Rust Spreading 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 錆のシミュレーション / Rust simulation  
キーワード(3)(和/英) 副錆 / Main-rust  
キーワード(4)(和/英) 本錆 / Sub-rust  
キーワード(5)(和/英) セルオートマトン / Cellular automaton  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 竜馬 / Ryoma Tanabe / タナベ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森谷 友昭 / Tomoaki Moriya / モリヤ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 有紀 / Yuki Morimoto / モリモト ユキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 時市郎 / Tokiichiro Takahashi / タカハシ トキイチロウ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-17 11:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2014-55 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2014-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会