お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-19 14:00
ResponsiveWall:空間の状況を感知し表現する情報環境の提案
松島龍説外村佳伸龍谷大
抄録 (和) 本報告では,大画面ディスプレイとセンサを多数用いて形成された公衆向けインタラクション空間において,その空間の状況を感知し,それに基づく表現をすることで人に関心とリアクションを促す情報環境ResponsiveWallを提案する.処理は仮想的に画面上に多数配置したシンプルなモジュールを単位として行い,モジュール間の規則に基づいた連携によって全体として表現を行う.また,人はその表現を受けてアクションを行い,さらに各モジュールがそのアクションをセンシングして表現を行うことで,人間側と環境の相互の状況把握に基づくダイナミックかつなめらかなやり取りを実現する. 
(英) This report proposes an interactive system for public space called “ResponsiveWall”, which senses ambient conditions around it and makes graphic representation in response so that people around it spontaneously arouse their interests and interactions. The system is composed of several chained units, each have a PC with a large touch-sensor equipped display and a camera with a mike on top of it. The processing is performed using a number of simple modules each responsible for processing a part of sensing information and make responsive representation on a part of screen. The system realizes dynamic and natural interactions between it and people in public space.
キーワード (和) インタラクション / モジュール / センシング / 表現 / / / /  
(英) interaction / module / sensing / representation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 18, ME2014-57, pp. 5-8, 2014年5月.
資料番号 ME2014-57 
発行日 2014-05-12 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME  
開催期間 2014-05-19 - 2014-05-19 
開催地(和) 近畿大学 ブロッサムカフェ 多目的ホール 
開催地(英) Kinki Daigaku Blossom Cafe Multi-purpose Hall 
テーマ(和) メディアと企業経営,感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英) Media and Industry, Kansei Information Processing, Multimedia Techniques and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2014-05-AIT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ResponsiveWall:空間の状況を感知し表現する情報環境の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ResponsiveWall:Sensing and Representation in Public Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタラクション / interaction  
キーワード(2)(和/英) モジュール / module  
キーワード(3)(和/英) センシング / sensing  
キーワード(4)(和/英) 表現 / representation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 龍説 / Ryusetsu Matsushima / マツシマ リュウセツ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 外村 佳伸 / Yoshinobu Tonomura / トノムラ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-19 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2014-57,ITE-AIT2014-98 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2014-05-12,ITE-AIT-2014-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会