お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-06 13:55
21GHz帯放送衛星用フィーダリンク受信アンテナの検討
中澤 進長坂正史亀井 雅田中祥次池田哲臣NHK
抄録 (和) 21GHz帯衛星では,現行の12GHz帯衛星に比べて帯域幅が約8倍となる300MHz級の広帯域伝送を想定している.これには,ダウンリンクの高出力化のみならず,フィーダリンクの高出力化も求められる.地球局でのフィーダリンク出力の低減に向けて,衛星中継器のフィーダリンク受信アンテナの高利得化について,衛星受信アンテナの開口径を1.8m,フィーダリンク周波数を18GHz帯として検討した. 
(英) For 21-GHz band satellite broadcasting system, we are studying a 300-MHz class wide band transponder. It is approximately 8 times as wide as that applied in 12-GHz band broadcasting satellite. Therefore, it is required higher power for both feeder- and down-link transmitter comparing with the conventional one for 12-GHz band broadcasting satellite. In order to avoid an extremely huge output power transmitter or an enormously giant reflector antenna for the earth station, we studied a high-gain feeder-link receiving antenna assuming the aperture diameter of 1.8m and the design frequency of 18 GHz.
キーワード (和) 21GHz帯衛星放送 / 広帯域伝送 / フィーダリンク受信アンテナ / / / / /  
(英) 21-GHz band satellite broadcasting / Wideband transponder / Feeder-link receiving antenna / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 20, BCT2014-57, pp. 5-8, 2014年6月.
資料番号 BCT2014-57 
発行日 2014-05-30 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2014-06-06 - 2014-06-06 
開催地(和) テレビ東京 
開催地(英) TV TOKYO Corporation 
テーマ(和) 番組制作技術・送出技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-06-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 21GHz帯放送衛星用フィーダリンク受信アンテナの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Feeder-link Recieving Antenna for 21-GHz band Broadcasting Satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 21GHz帯衛星放送 / 21-GHz band satellite broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 広帯域伝送 / Wideband transponder  
キーワード(3)(和/英) フィーダリンク受信アンテナ / Feeder-link receiving antenna  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 雅 / Masashi Kamei / カメイ マサシ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-06 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2014-57 
巻番号(vol) 38 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数
発行日 2014-05-30 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会