お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-03 10:25
二段階デュアルモード容量スキャン方式を用いた1mm-Pitch 80x80-Channel 322Hz-Frame-Rateタッチセンサの設計
三浦典之神戸大)・○道正志郎パナソニック)・藤本大介桐山卓弥神戸大)・手塚宏行三木拓司パナソニック)・永田 真神戸大
抄録 (和) 1mmピッチ、80x80チャネル、322Hzフレームレートの容量検出型タッチセンサを開発した。複数のタッチ箇所を1mm以下の高解像度で検出できる。二段階デュアルモード容量スキャン方式により、高解像度化することで増加してしまう容量スキャン時間を削減した。カウンタを用いた時間領域スロープADCにより、並列ADC方式における電力と面積のペナルティを低減した。センサアナログフロントエンドにおいてノイズ低減技術を複数適用することにより、高解像センサでの検出容量低下による信号劣化を補償した。0.35um CMOSデバイスでプロトタイプを設計・試作し、性能を実測した。最新のタッチセンサに比べて、3倍以上の解像度で10倍以上の高速タッチスキャンを12倍のエネルギー効率と4倍の面積効率で達成した。信号対ノイズ比(SNR)は、従来と同レベルの41dBであった。 
(英) A 1mm-pitch 80x80-channel 322Hz-frame-rate capacitive touch sensor has been developed. Multiple touch points are detected by a two-step dual-mode capacitance scan to reduce a scan time increased in the high resolution. Row-and-column dedicated parallel ADCs further reduce the scan time. A time-domain counter-based slope ADC suppresses power and area penalty in the parallel ADC. A signal attenuation due to a sensor capacitance reduction in the high resolution is compensated by thorough noise-reduction techniques in the sensor analog frontend. A prototype in 0.35um CMOS demonstrates 41dB SNR with >3x higher pitch resolution, >10x faster touch-point scan, 12x and 4x higher energy and area efficiency to the-state-of-the-art touch sensors.
キーワード (和) 容量 / タッチセンサ / 高解像度 / / / / /  
(英) capacitance / touch sensor / high resolution / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST IEICE-ICD  
開催期間 2014-07-03 - 2014-07-04 
開催地(和) 出雲市(島根県) 会場は詳細参照 
開催地(英)  
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英) Analog circuit, Mixed signal, RF and sensor I/F. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ICD 
会議コード 2014-07-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二段階デュアルモード容量スキャン方式を用いた1mm-Pitch 80x80-Channel 322Hz-Frame-Rateタッチセンサの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of 1mm-Pitch 80x80-Channel 322Hz-Frame-Rate Touch Sensor with Two-Step Dual-Mode Capacitance Scan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 容量 / capacitance  
キーワード(2)(和/英) タッチセンサ / touch sensor  
キーワード(3)(和/英) 高解像度 / high resolution  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 典之 / Noriyuki Miura / ミウラ ノリユキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 道正 志郎 / Shiro Dosho / ドウショウ シロウ
第2著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Pana.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 大介 / Daisuke Fujimoto / フジモト ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 桐山 卓弥 / Takuya Kiriyama / キリヤマ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 宏行 / Hiroyuki Tezuka / テヅカ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Pana.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 拓司 / Takuji Miki / ミキ タクジ
第6著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Pana.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 真 / Makoto Nagata / ナガタ マコト
第7著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-03 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-ICD 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会