お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-31 14:20
衛星放送受信用偏波共用アンテナの試作
長坂正史中澤 進田中祥次NHK
抄録 (和) 8Kスーパーハイビジョンなどの将来の放送サービスを提供するためのメディアとして,12GHz帯(11.7〜12.75GHz)の左旋円偏波による衛星放送は有効である.受信アンテナとして右旋・左旋円偏波共用のパラボラアンテナを用いれば,1台で両偏波の放送サービスを受信できるため設置スペース等で有効であるが,右旋円偏波と左旋円偏波を同時に利用するためには,交さ偏波による干渉を軽減するために受信アンテナの交さ偏波識別度(XPD)の向上が課題である.また,両偏波の受信信号を1本の同軸ケーブルで同時に配信するためには,それぞれの偏波に対応したLNB(Low Noise Block Converter)を内蔵する必要である.そこで,右旋・左旋円偏波を同時に受信可能な衛星受信用パラボラアンテナを試作し,電気性能を評価した.測定の結果,12GHz帯の放送帯域において,開口効率76%以上,交さ偏波識別度26dB以上,コンバータ雑音指数1dB以下を得た. 
(英) A 12-GHz (11.7 to 12.75 GHz) band satellite service with orthogonal polarization is expected for transmission channels to deliver advanced broadcasting services such as 8K (Super Hi-Vision). A right- and left-circular polarized parabolic reflector antenna will make it possible to receive services provided over these orthogonal polarizations with a single reflector antenna. Since it is important to mitigate cross polarization interference to use these orthogonal polarizations simultaneously, there is a need to improve the cross polarization discrimination (XPD) of the dual-polarization antenna. A dual LNB (Low Noise Block Converter), which corresponds to right- and left-circular polarizations, is also required for the antenna to carry the received signals on a single cable. Therefore, we fabricated and measured a prototype of the dual-polarization receiving antenna for the 12-GHz band satellite service. The measured results showed the aperture efficiency was more than 76%, XPD was more than 26 dB and the noise figure of the LNB was less than 1 dB throughout the 12-GHz band.
キーワード (和) 衛星放送 / 12GHz帯 / 偏波共用アンテナ / パラボラアンテナ / / / /  
(英) Satellite Broadcasting / 12GHz-band / Dual- polarization Antenna / Parabolic Antenna / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 30, BCT2014-64, pp. 9-12, 2014年7月.
資料番号 BCT2014-64 
発行日 2014-07-24 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2014-07-31 - 2014-08-01 
開催地(和) 釧路生涯学習センター 
開催地(英) Kushiro-Syougai-Gakusyuu-Center 
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-07-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星放送受信用偏波共用アンテナの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of Dual-polarization Antenna for Satellite Broadcasting Reception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星放送 / Satellite Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 12GHz帯 / 12GHz-band  
キーワード(3)(和/英) 偏波共用アンテナ / Dual- polarization Antenna  
キーワード(4)(和/英) パラボラアンテナ / Parabolic Antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-31 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2014-64 
巻番号(vol) 38 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2014-07-24 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会