お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-01 09:55
双方向デジタルFPUシステムのスループット・遅延性能評価
小山智史鵜澤史貴光山和彦居相直彦青木勝典NHK
抄録 (和) 番組制作設備のファイルベース化が広まり,映像素材はファイルのまま受け渡しが行われるようになっている.無線伝送を行うFPUでもファイル形式での伝送ができることが望ましいが,従来のFPUは単方向,固定レートの伝送装置でありファイル形式による伝送には適さない.そこでファイル形式での素材伝送が可能な双方向デジタルFPUの開発を行っている.今回,時分割複信(TDD: Time Division Duplex)方式による双方向デジタルFPUを試作し,スループット性能と遅延性能を評価した.その結果,50kmの長距離伝送において約140Mbpsでのファイル伝送が可能であることを確認した.また,2ビデオフレーム以下の遅延でライブ映像伝送を実現する見込みを得た. 
(英) Recently file-based production system is getting popular. Video footage is treated as a file in the system. Though it is preferred to transfer a video file as it is on the wireless link built by FPU (Field Pick-up Unit), the conventional FPU that is a simplex and fixed-rate system cannot do it. We are developing a new TDD-based bi-directional FPU to send a video file as it is. In this report, we evaluated the performance of throughput and delay of a prototype bi-directional FPU system. As a result, our prototype system was confirmed that the throughput of file transfer is about 140 Mbps in the long distance of 50 km and the delay of live video transmission is potentially less than 2 video frames.
キーワード (和) 双方向デジタルFPU / 時分割複信 / ファイルベース制作システム / 遅延 / スループット / / /  
(英) bi-directional degital FPU / TDD / file-based production system / delay / throughput / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 30, BCT2014-70, pp. 33-36, 2014年7月.
資料番号 BCT2014-70 
発行日 2014-07-24 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2014-07-31 - 2014-08-01 
開催地(和) 釧路生涯学習センター 
開催地(英) Kushiro-Syougai-Gakusyuu-Center 
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-07-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双方向デジタルFPUシステムのスループット・遅延性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput and Delay Evaluation of Bi-directional Digital FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向デジタルFPU / bi-directional degital FPU  
キーワード(2)(和/英) 時分割複信 / TDD  
キーワード(3)(和/英) ファイルベース制作システム / file-based production system  
キーワード(4)(和/英) 遅延 / delay  
キーワード(5)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 智史 / Tomofumi Koyama / コヤマ トモフミ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 勝典 / Katsunori Aoki / アオキ カツノリ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-01 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2014-70 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2014-07-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会