映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-01 16:30
[ポスター講演]A combined tactile and proximity sensor for adaptive grasping of a robot hand
Hiroto NakashimaRitsumeikan Univ.)・Keiichiro KagawaShizuoka Univ.)・Kazuhiro ShimonomuraRitsumeikan Univ.
抄録 (和) We propose a combined tactile and proximity sensor for handling robot. Tactile sensing is based on the method known as a light conductive plate. Proximity information is obtained through depth measurement from stereo images. These tactile and proximity information are both captured by using the compound-eye camera. We describe a grasping strategy for a robot hand employing a combined tactile and proximity sensor. 
(英) We propose a combined tactile and proximity sensor for handling robot. Tactile sensing is based on the method known as a light conductive plate. Proximity information is obtained through depth measurement from stereo images. These tactile and proximity information are both captured by using the compound-eye camera. We describe a grasping strategy for a robot hand employing a combined tactile and proximity sensor.
キーワード (和) Tactile sensing / Proximity sensing / Compound-eye camera / Grasping control / / / /  
(英) Tactile sensing / Proximity sensing / Compound-eye camera / Grasping control / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 47, IST2014-66, pp. 29-30, 2014年12月.
資料番号 IST2014-66 
発行日 2014-11-24 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2014-12-01 - 2014-12-02 
開催地(和) Tamachi Campus, Tokyo Institute of Technol 
開催地(英) Tamachi Campus, Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 2nd Asian Image Sensors and Imaging Systems Symposium 
テーマ(英) 2nd Asian Image Sensors and Imaging Systems Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2014-12-IST 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A combined tactile and proximity sensor for adaptive grasping of a robot hand 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Tactile sensing / Tactile sensing  
キーワード(2)(和/英) Proximity sensing / Proximity sensing  
キーワード(3)(和/英) Compound-eye camera / Compound-eye camera  
キーワード(4)(和/英) Grasping control / Grasping control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroto Nakashima / Hiroto Nakashima /
第1著者 所属(和/英) Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Keiichiro Kagawa / Keiichiro Kagawa /
第2著者 所属(和/英) Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Kazuhiro Shimonomura / Kazuhiro Shimonomura /
第3著者 所属(和/英) Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-01 16:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2014-66 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.47 
ページ範囲 pp.29-30 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-IST-2014-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会