映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-23 09:16
Edge-based DFD表示方式の視域角と奥行きにおける課題の解決方法
宗宮智貴徳島大)・栗林英範ニコン)・山本裕紹宇都宮大/徳島大)・陶山史朗徳島大
抄録 (和) 本研究では,DFD (Depth-fused 3D)表示方式の大きな課題である,視域角の制限および奥行き深さの制限について解決を試みた.新たなDFD表示方式として,前後像のどちらかに,表示したい3D 像のエッジ画像のみを用いるEdge-based DFD 表示方式を提案し,研究を進めている.頭部を動的に移動した場合の奥行き知覚を評価し,動的移動により視域角を拡大できることを明らかにした.さらに,エッジ画像をぼかすことにより,面間距離について拡大できることを明らかにした. 
(英) We have studied a new DFD (Depth fused 3D) display, called “Edge-based DFD display”, whose front or rear image is only the edge part of the desired 3D image. Two main problems of perceived depth limitation and narrow viewing zone angle have been solved. Wide viewing zone can be achieved in edge-based DFD display by dynamic head movement. By blurring the edge part images, perceived depth can be widely expanded.
キーワード (和) オーバーラップ条件 / エッジ / 両眼視差 / ステレオスコピック / DFD / / /  
(英) Overlapped condition / Edge / Binocular disparity / stereoscopic / DFD / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 1, IDY2015-6, pp. 57-60, 2015年1月.
資料番号 IDY2015-6 
発行日 2015-01-15 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL IEE-EDD SID-JC  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 龍谷大学響都ホール校友会館 
開催地(英) Ryukoku University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2015-01-EID-IDY-SSL-EDD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Edge-based DFD表示方式の視域角と奥行きにおける課題の解決方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enlargement methods of viewing angle and depth in Edge-based DFD display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバーラップ条件 / Overlapped condition  
キーワード(2)(和/英) エッジ / Edge  
キーワード(3)(和/英) 両眼視差 / Binocular disparity  
キーワード(4)(和/英) ステレオスコピック / stereoscopic  
キーワード(5)(和/英) DFD / DFD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗宮 智貴 / Tomoki Soumiya / ソウミヤ トモキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: The Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 英範 / Hidenori Kuribayashi / クリバヤシ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ニコン (略称: ニコン)
Nikon Corporation (略称: Nikon)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕紹 / Hirotsugu Yamamoto / ヤマモト ヒロツグ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学/徳島大 (略称: 宇都宮大/徳島大)
Utsunomiya University/The University of Tokushima (略称: Utsunomiya Univ./The Univ. of Tokushima)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama / スヤマ シロウ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: The Univ. of Tokushima)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-23 09:16:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2015-6 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会