映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-19 13:35
echo-MIMO推定を用いたPNC-DF中継のスループット評価
木村風太梅原大祐京都工繊)・村田英一京大)・田野 哲岡山大
抄録 (和) 無線復号転送(Decode-and-Forward, DF)中継による双方向通信ではPNC (Physical-layer Network Coding)を用いることにより,従来の無線DF中継による双方向通信と比べて半分のタイムスロットでフレーム交換が実現できる.しかしながら,端末局は中継局への送信フレームをプリコーディングするため,端末局は中継局へのチャネル情報をフレームを送信する前に獲得する必要がある.本稿では,端末局が中継局へのチャネル情報をecho-MIMO推定により推定するPNC-DF中継プロトコルを提案する.echo-MIMO推定によるチャネル情報をもとにPNC-DF中継プロトコルのスループットを算出し,従来の中継及びXOR-NC中継を用いたときのスループットと比較する.その結果,端末局間の距離に応じたPNC-DF中継プロトコルの適用範囲が示される. 
(英) Physical-layer network coding (PNC) enables bi-directional communications with wireless decode-and-forward (DF) relaying to achieve the frame exchange within half of time slots required the conventional wireless DF relaying. However, to apply precoding to the frames transmitted from a terminal station to the relay station, the terminal station should acquire the channel state information (CSI) to the relay station before transmitting. In this manuscript, we propose a PNC-DF relaying protocol, in which a terminal station estimates the CSI to the relay station with echo-MIMO estimation. The throughput of the PNC-DF relaying protocol is evaluated using the CSI by echo-MIMO estimation and it compares with those of conventional relaying and XOR-NC relaying. As a result, the appricable domain of the PNC-DF relaying protocol is shown according to the distance between both of terminal stations.
キーワード (和) 物理層ネットワークコーディング / 伝搬路推定 / echo-MIMO / 復号転送中継 / 協調通信 / スループット評価 / /  
(英) physical-layer network coding / channel estimation / echo-MIMO / decode-and-forward relaying / cooperative communication / throughput evaluation / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 6, BCT2015-25, pp. 1-4, 2015年2月.
資料番号 BCT2015-25 
発行日 2015-02-12 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2015-02-19 - 2015-02-20 
開催地(和) かんぽの宿 鳥羽 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) echo-MIMO推定を用いたPNC-DF中継のスループット評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Evaluation of PNC-DF Relaying with Echo-MIMO Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理層ネットワークコーディング / physical-layer network coding  
キーワード(2)(和/英) 伝搬路推定 / channel estimation  
キーワード(3)(和/英) echo-MIMO / echo-MIMO  
キーワード(4)(和/英) 復号転送中継 / decode-and-forward relaying  
キーワード(5)(和/英) 協調通信 / cooperative communication  
キーワード(6)(和/英) スループット評価 / throughput evaluation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 風太 / Futa Kimura / キムラ フウタ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama Univ. (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-19 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-25 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会