お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-28 15:15
深度カメラを用いた動的な空間型ARシステムの高速化
小泉 諒小林大祐橋本直己電通大
抄録 (和) 近年,実物体に映像投影を行うことで,その物体の見た目をリアルに変化させる空間型拡張現実感(Spatial Augmented Reality, SAR)の利用が広まっている.最近では,プロジェクションマッピングのような静止物体を対象としたSARに加え,娯楽や作業支援 ,デザイン検討等の分野において,動く物体を対象とした動的なSARにも注目が集まっている.動的なSARでは,投影対象の位置姿勢をリアルタイムで追跡することが必要となるが,カメラ等を用いた非接触な計測では,十分な精度と速度の実現が困難である.そこで本研究では,これまでに我々が提案した,深度カメラを用いた位置姿勢追跡手法において,用いる点群データを削減することで追跡処理を高速化し,より精度の高いSARの実現を目指す. 
(英) Recently, spatial augmented reality (SAR) have been used as a method of editing appearance of real objects by using a projector. In addition to SAR with stationary objects, SAR with moving objects is paid attention to in case of entertainments, work supports, design study, and so on. Although the dynamic SAR requires pose estimation and tracking, it cannot accomplish enough accuracy and processing speed by using non-contact measurement by cameras. Therefore, in this research, we propose optimization of point cloud data used for the tracking at off-line and online processes, and accomplish acceleration of the SAR system which we have achieved with a depth camera.
キーワード (和) 空間型AR / 物体追跡 / 3次元点群 / 点群削減 / / / /  
(英) Spatial Augmented Reality / Tracking / 3D Point Cloud / Point Cloud Reduction / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 8, ME2015-62, pp. 103-106, 2015年2月.
資料番号 ME2015-62 
発行日 2015-02-21 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2015-02-28 - 2015-02-28 
開催地(和) 関東学院大関内メディアセンタ 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2015-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度カメラを用いた動的な空間型ARシステムの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Spatial Augmented Reality System with a Depth Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間型AR / Spatial Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) 物体追跡 / Tracking  
キーワード(3)(和/英) 3次元点群 / 3D Point Cloud  
キーワード(4)(和/英) 点群削減 / Point Cloud Reduction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 諒 / Ryo Koizumi / コイズミ リョウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 大祐 / Daisuke Kobayashi / コバヤシ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-28 15:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ME2015-62 
巻番号(vol) 39 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数
発行日 2015-02-21 (ME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会