映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 16:30
曲面ディスプレイを用いたシステムStick'n Roll上のコンテンツ開発
大島 悠松川孝幸松浦昭洋東京電機大
抄録 (和) 筆者らは従来,曲面ディスプレイ上で棒状のインタフェースを回転させ,棒とディスプレイの接触情報により入力を行うシステム Stick’n Roll と本システム上で動作するいくつかのアプリケーションを提案している.本研究では,棒の曲面上の回転運動の特徴を活かし、棒の回転操作により表示された要素をヒットして音を鳴らす新たな音楽ゲームを開発した.本ゲームはMIDI ファイルにより音楽を入力すると,音楽に合致したタイミングと音を持つ図形要素が表示され,それを回転する棒で当てることによりゲームが進行する.さらに,本システム上でコンテンツ制作を効率的に行うため,棒の回転による曲面上の画面遷移をコンピュータ上で仮想的に行うエミュレータを開発した.これにより,コンピュータ上でコンテンツの画面遷移を確認することが可能となった. 
(英) The authors have presented a system called Stick’n Roll in which stick-like interfaces are rolled on a series of convex surfaces and make input with their touching information with the surfaces, as well as some applications. In this article, we first present a new type of music game that uses figures in the display to sound the musical notes in the right timing with the rolling sticks. This application accepts music in the standard MIDI format. Next, we develop an emulator for Stick’n Roll with which we can emulate the images on the curved display that proceed by the touching of sticks to the display. This makes it possible to test the execution of applications for Stick’n Roll by virtually emulating it with a computer.
キーワード (和) 曲面ディスプレイ / / 転がり / インタフェース / 音楽ゲーム / エミュレータ / /  
(英) Curved display / Sticks / Rolling / Interface / Music game / Emulator / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 14, AIT2015-81, pp. 163-164, 2015年3月.
資料番号  
発行日 2015-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2015 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2015-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 曲面ディスプレイを用いたシステムStick'n Roll上のコンテンツ開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Contents development for the system Stick'n Roll with Curved Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 曲面ディスプレイ / Curved display  
キーワード(2)(和/英) / Sticks  
キーワード(3)(和/英) 転がり / Rolling  
キーワード(4)(和/英) インタフェース / Interface  
キーワード(5)(和/英) 音楽ゲーム / Music game  
キーワード(6)(和/英) エミュレータ / Emulator  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 悠 / Haruka Ohshima / オオシマ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 孝幸 / Takayuki Matsukawa / マツカワ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 昭洋 / Akihiro Matsuura / マツウラ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 16:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2015-81 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.163-164 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会