映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 15:15
明度と混同色線の組み合わせに基づく色覚異常者のための再配色手法
中間翔大西尾孝治小堀研一阪工大
抄録 (和) 情報を伝達する手段である配色は,正常色覚者が識別できることが前提であることが多く,色覚異常者が情報を誤認識する場合が考えられる.このような配色に対して,色覚異常者が識別可能となるように再配色することは重要である.従来提案されている色覚異常者を考慮した再配色手法では,正常色覚者にとって元の色と大きく印象の異なった配色となる場合が多い.そこで本研究では,色覚異常者にとって効果的である明度と混同色線に注目し,より少ない変化で再配色する手法を提案する.また,色空間は有限であることから,より有効活用できるような明度と混同色線の組み合わせを提案する.これにより,元の配色の印象を維持した再配色結果を実現する. 
(英) Color information is an important means for information transmission. In general, color scheme is determined as an ordinary people can distinguish the difference of color. In such cases, the color vision defect person may not be able to distinguish the colors. In the conventional method of re-color scheme, it has a problem that the change of impression of the color scheme is large. In this paper, we propose a method to re-color scheme with small change from the original color scheme. The proposed method uses luminosity and color confusion line to change color. As a result, we achieve the re-color scheme that maintains the impression of color scheme.
キーワード (和) 再配色 / 色覚異常 / 明度 / 混同色線 / / / /  
(英) Re-Color / Color Vision Defect / Luminosity / Color Confusion Line / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 14, AIT2015-43, pp. 31-34, 2015年3月.
資料番号  
発行日 2015-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2015 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2015-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 明度と混同色線の組み合わせに基づく色覚異常者のための再配色手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Re-Color Scheme for Color Vision Defect Using Luminosity and Color Confusion Line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再配色 / Re-Color  
キーワード(2)(和/英) 色覚異常 / Color Vision Defect  
キーワード(3)(和/英) 明度 / Luminosity  
キーワード(4)(和/英) 混同色線 / Color Confusion Line  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中間 翔大 / Shota Nakama / ナカマ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 孝治 / Koji Nishio / ニシオ コウジ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 研一 / Ken-ichi Kobori / コボリ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 15:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2015-43 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会