映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 16:30
CG遊戯療法のための対話型アプリケーション
浜 圭亮新谷幹夫白石路雄東邦大
抄録 (和) 遊戯療法は、主に子供を対象とする遊びを用いた心理療法であり、代表的なものに絵画療法や箱庭療法、コラージュ療法等がある。絵画療法は表現の自由度は高いが、子供が絵を描く必要があるので、適用に制限がある。箱庭療法・コラージュ療法では用意された人形や切抜きを組み合わせるので適用しやすいが、表現の自由度は低くなる。そこで、CG上で箱庭のようにモデルを配置し、配置するモデルも自由に変形出来るアプリケーションを開発する。これにより、箱庭療法のように適用が容易で、より自由度の高い表現が可能となる。 
(英) The play therapy is a psychological therapy, typically applied to young children. In the play therapy, clients play games/toys, paint pictures, and so on, of which process and results indicate their emotions and psychological situations. In this study, we attempted to apply CG technologies to the play therapy and examined the potentials.
キーワード (和) コンピュータグラフィクス / 遊戯療法 / / / / / /  
(英) Computer Graphics / PlayTherapy / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 14, AIT2015-85, pp. 177-178, 2015年3月.
資料番号 AIT2015-85 
発行日 2015-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2015 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2015-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CG遊戯療法のための対話型アプリケーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A CG-based Application for Play Therapy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィクス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 遊戯療法 / PlayTherapy  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜 圭亮 / Keisuke Hama / ハマ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 東邦大学 (略称: 東邦大)
Toho University (略称: Toho Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新谷 幹夫 / Mikio Shinya / シンヤ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 東邦大学 (略称: 東邦大)
Toho University (略称: Toho Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 路雄 / Michio Shiraishi / シライシ ミチオ
第3著者 所属(和/英) 東邦大学 (略称: 東邦大)
Toho University (略称: Toho Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 16:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2015-85 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.177-178 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会