映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-14 13:30
空気の密度差を考慮した水煙の舞い上がり表現
西部修明張 英夏向井信彦東京都市大
抄録 (和) 滝を可視化する研究は数多く存在するが,物理的根拠に基づき,滝の落ち口から滝壺まで滝の全景を表現する研究例は少なく,特に,滝から発生する水煙が,空中に舞い上がる様子を表現した研究は未だ報告されていない.そこで本稿では,滝周辺における空気の密度差を考慮することにより水煙が空中に舞上がる滝のシミュレーション手法について提案する.本手法では,滝を水流,水飛沫および水煙の3つの部分に分解し,各部分で最適な運動方程式を適用することで,滝の水流のみならず,水流から発生する微細な水飛沫や滝の周囲を漂う水煙の表現を行う.特に,滝周辺におけるの空気の密度差による上昇気流や,滝壺周辺における地形の影響を考慮して水煙の舞い上がりを表現する. 
(英) There are not so many researches that represent the whole behavior of a waterfall from the lip to the basin, especially there have not be reported the study that simulates the soaring up of the spray cloud, which appears from the water stream. In this paper, we propose a method that simulates the soaring up of the spray cloud into the air by considering the density difference of the air. The method divides a waterfall into 3 parts: water streams, splashing spray and spray cloud, and an appropriate equation is applied to each part. As a result, we can present not only waterfall but also splashing spray that appears from the waterfall, and spray cloud that flows around the waterfall. Especially, we simulate the waterfall behavior by considering rising-up airflow caused by the density difference of the air, and the terrain around the basin.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 流体シミュレーション / 粒子法 / 格子法 / / / /  
(英) Computer Graphics / Fluid Simulation / Particle Method / Grid Method / Waterfall / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 14, AIT2015-37, pp. 7-10, 2015年3月.
資料番号 AIT2015-37 
発行日 2015-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2015-03-14 - 2015-03-14 
開催地(和) 早稲田国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2015 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2015-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空気の密度差を考慮した水煙の舞い上がり表現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Representation for Soaring up of Spray Cloud by Considering Density Difference of the Air 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / Fluid Simulation  
キーワード(3)(和/英) 粒子法 / Particle Method  
キーワード(4)(和/英) 格子法 / Grid Method  
キーワード(5)(和/英) / Waterfall  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西部 修明 / Naoaki Nishibe / ニシベ ナオアキ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 英夏 / Youngha Chang / チャン ヨンハ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-14 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2015-37 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2015-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会