お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-02 14:00
視聴覚刺激による映像追体験システムでの鑑賞動作の誘発・誘導
大澤壮平田中遼平鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大
抄録 (和) 過去に撮影された映像を,撮影者のカメラワークを追体験させながら鑑賞者に提示することで対象への理解が深まることが知られているが,効果的に鑑賞者の動作を誘発・誘導する手法は実現されていない.そこで本研究では映像追体験システムにおける映像の外枠の変位と音響の変調により鑑賞者の見回し動作を誘発する手法と,鑑賞者の回転速度を映像のカメラ回転速度に近づける誘導手法を提案した.実験の結果,見回し動作開始人数が30%増え,回転速度が40%適正速度に近づいたことから,提案手法の有効性が示された. 
(英) It is known that deeper understanding of video materials is promoted by inducing users to move in the same way as the video camera operator. However, effective methods to induce users’ operation have not been realized. In this paper, we proposed the induction methods of starting to rotate appropriately by the movement of the outer frame of the video content and the modulation of the sound, and methods of making the rotational speed of users closer to that of the video camera operator in the Reliving Past Scene Experience System. In a demonstration experiment, the ratio of the number of users starting to rotate appropriately increased 30 % and the rotational speed of users approached 40 % to the proper rotational speed by using our methods. These results showed the effectiveness of our methods.
キーワード (和) デジタルミュージアム / 行動誘発 / モバイルAR / ユーザインタラクション / / / /  
(英) digital museum / user behavior inducing / mobile AR / user interaction / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-MVE VRSJ HI-SIG-VR  
開催期間 2015-07-02 - 2015-07-03 
開催地(和) 東京大学 山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(IEICE-MVE,VR学会,HI学会SIGVRと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-MVE 
会議コード 2015-07-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視聴覚刺激による映像追体験システムでの鑑賞動作の誘発・誘導 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic study on User Behavior Inducing in Reliving Past Scene Experience System with Audio-visual Stimulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルミュージアム / digital museum  
キーワード(2)(和/英) 行動誘発 / user behavior inducing  
キーワード(3)(和/英) モバイルAR / mobile AR  
キーワード(4)(和/英) ユーザインタラクション / user interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 壮平 / Sohei Osawa / オオサワ ソウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 遼平 / Ryohei Tanaka / タナカ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi / ナルミ タクジ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-02 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IEICE-MVE 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会