映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-30 13:40
通信ジッタを考慮した同時受信型プッシュ配信制御方式の配信時刻再調整手法
田中 壮西村 敏遠藤洋介NHK
抄録 (和) 放送番組関連データを通信経由で提供し受信機で放送番組と高精度に同期して合成させることにより,ハイブリッドキャストによるサービスの高度化が可能となる.我々はこれまで通信コンテンツを受信する端末間の通信コンテンツの到着時刻のばらつきを抑制できる同時受信型プッシュ配信制御方式を提案してきた.しかしながら,通信ジッタがある環境でこの方式による通信コンテンツの繰り返し配信を行うと,配信時刻が配信周期外となる配信パケットが生じ,一部の端末へ配信できない課題がある.本稿では,通信ジッタ環境下においても同時受信型プッシュ配信制御方式による繰り返し配信を可能とする配信時刻の再調整手法を提案した.この手法を追加した提案方式では全端末への配信が可能となり,従来のプッシュ配信方式に比べ端末間の受信遅延差を抑制できることをシミュレーションにより確認したので報告する. 
(英) It is possible to upgrade Hybridcast services by integrated the broadcasts with the communication content on the terminal with high accuracy. To provide services that are highly synchronized between the broadcast programs and push content, we have developed a new push content delivery method that enables simultaneous reception of push-content on all terminals. However, it has a problem which some push-contents delivery time become out of a delivery period in network jitter environment. In this report, we propose a new method which re-adjusted the content delivery time for carrying out repeated deliveries by the proposed push content delivery method in network jitter environment. We evaluated the performance of the proposed method by simulation. We confirmed the proposed method could deliver to all clients and be suppressed the reception delay than the conventional method.
キーワード (和) 放送通信連携 / プッシュ配信 / 高精度同期 / 通信ジッタ / / / /  
(英) synchronization between broadcasting and communications / push content delivery / accurate synchronization / network jitter / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 8, BCT2015-51, pp. 5-8, 2015年7月.
資料番号 BCT2015-51 
発行日 2015-07-23 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2015-07-30 - 2015-07-31 
開催地(和) 上川教育研修センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-07-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信ジッタを考慮した同時受信型プッシュ配信制御方式の配信時刻再調整手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Delivery Time Re-adjustment Method for Simultaneous Reception Push Content Delivery Method Considering Network Jitter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放送通信連携 / synchronization between broadcasting and communications  
キーワード(2)(和/英) プッシュ配信 / push content delivery  
キーワード(3)(和/英) 高精度同期 / accurate synchronization  
キーワード(4)(和/英) 通信ジッタ / network jitter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 壮 / So Tanaka / タナカ ソウ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 敏 / Satoshi Nishimura / ニシムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 洋介 / Yosuke Endo / エンドウ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-07-30 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-51 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会