映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-18 15:10
Toward 10 Gfps: Factors Limiting the Frame Rate of the BSI MCG Image Sensor
Dao Vu Truong SonQuang Nguyen AnhKotaro KitagawaKazuhiro ShimonomuraTakeharu EtohRitsumeikan Univ.)・Yoshinari KamakuraNatsumi MInamitaniOsaka Univ.
抄録 (和) 筆者らの提案した裏面照射マルチ電荷収集ゲート撮像素子の最高撮影速度を制限する要因について検討し、その結果に基づいて、最高撮影速度を実現するための構造を提案した。この構造を用いて実現可能な最高撮影速度を推定した。130 nm CMOS/CCD Hybrid processのデザインルールによって設計するときの最高時間分解能は180 ps程度であった。より小さいデザインルールで設計すれば時間分解能100 ps程度、すなわち最高撮影速度10 Gfpsを達成することができる。 
(英) Factors limiting the frame rate of the BSI MCG image senor proposed by the authors are listed, and the effect of each factor is analyzed. Based on the result, an image sensor structure to achieve the highest frame rate is proposed, and the practical and achievable highest frame rate is estimated. If we design the sensor with a design rule for a 130 nm CMOS/CCD hybrid process, the highest temporal resolution is about 180 ps. By employing a finer design rule, a higher temporal resolution of 100 ps, i.e., the highest frame rate of 10 Gfps can be achieved.
キーワード (和) BSI / MCG / Backside Illuminated / Multi-Collection-Gate / Ultra-fast / Image Sensor / /  
(英) BSI / MCG / Backside Illuminated / Multi-Collection-Gate / Ultra-fast / Image Sensor / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 35, IST2015-53, pp. 41-44, 2015年9月.
資料番号 IST2015-53 
発行日 2015-09-11 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2015-09-18 - 2015-09-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) イメージセンサおよび一般、2015 IISWとVLSIシンポジウムからの発表報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2015-09-IST 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward 10 Gfps: Factors Limiting the Frame Rate of the BSI MCG Image Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BSI / BSI  
キーワード(2)(和/英) MCG / MCG  
キーワード(3)(和/英) Backside Illuminated / Backside Illuminated  
キーワード(4)(和/英) Multi-Collection-Gate / Multi-Collection-Gate  
キーワード(5)(和/英) Ultra-fast / Ultra-fast  
キーワード(6)(和/英) Image Sensor / Image Sensor  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ダオ ヴ ツルオン ソン / Dao Vu Truong Son / ダオ ヴ ツルオン ソン
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) クァン グエン アン / Quang Nguyen Anh / キタガワ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 皓太郎 / Kotaro Kitagawa / シモノムラ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下ノ村 和弘 / Kazuhiro Shimonomura / エトウ タケハル
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 江藤 剛治 / Takeharu Etoh / カマクラ ヨシナリ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 良成 / Yoshinari Kamakura / ミナミタニ ナツミ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 南谷 夏海 / Natsumi MInamitani /
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-18 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2015-53 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.35 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2015-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会