お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-23 16:15
[依頼講演]デジタルサイネージを用いた可視光イメージセンサ通信
岡田 啓佐藤 翔名大)・和田忠浩静岡大)・山里敬也片山正昭名大
抄録 (和) 本稿では,液晶ディスプレイ等を用いた電子広告媒体であるデジタルサイネージ
による可視光イメージセンサ通信について検討する.本検討で送信機として用
いるデジタルサイネージは,動画などによる広告コンテンツ(視覚情報)を表示する.
デジタルサイネージを用いた可視光イメージセンサ通信では,
この視覚情報を阻害しないように,データ情報を送信する必要がある.
本研究では,青色差が人に視認されにくいことを利用し,
青色差変調を用いてデータ情報を視覚情報へ重畳し,それをイメージセンサ
(カメラ)にて撮影する可視光イメージセンサ通信システムを構築し,
データ伝送実験により検証する. 
(英) In this paper, we discuss optical cammera communication systems using
digital signage, which is composed of a liquid crystal display (LCD).
The digital signage, which is used as a transmitter, displays advertisement contents
as visual information. The optical camera communication system using digital signage
has to transmit data information not to obstruct the visual information.
In this paper, we propose blue color difference modulation for the optical camera communication system using digital signage. We clarify the performance of the proposed system by data transmission experiments.
キーワード (和) 可視光イメージセンサ通信 / デジタルサイネージ / 青色差変調 / / / / /  
(英) optical camera communication / digital signage / blue color difference / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 38, BCT2015-74, pp. 21-24, 2015年10月.
資料番号 BCT2015-74 
発行日 2015-10-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2015-10-23 - 2015-10-23 
開催地(和) 山形テルサ 
開催地(英) Yamagataterrsa 
テーマ(和) 移動送受信技術および一般 
テーマ(英) Mobile Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-10-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルサイネージを用いた可視光イメージセンサ通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical Camera Communications Using Digital Signage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光イメージセンサ通信 / optical camera communication  
キーワード(2)(和/英) デジタルサイネージ / digital signage  
キーワード(3)(和/英) 青色差変調 / blue color difference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 翔 / Sho Sato / サトウ ショウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 忠浩 / Tadahiro Wada / ワダ タダヒロ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-23 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-74 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会