お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-29 13:55
筆圧パターンの統計量を利用した筆記評価の一考察
村瀬悠佑神谷直希村上和人愛知県立大
抄録 (和) 触覚デバイスを用いた動作誘導による練習システムはあらゆる分野で研究されている.著者はこれまで触覚デバイスを用いた文字練習システムについて報告してきた.構築したシステムはx, y軸方向だけでなく,奥行き方向にも誘導を行うことで筆圧も矯正することができる.本稿では,より効果的に筆圧矯正を行うために,筆記時の筆跡と筆圧ついて調査し,より効果的な誘導方法や視覚的情報提示の有効性などについて考察を行った. 
(英) The study of training leading motion using haptic device is done every field. We have reported about calligraphy training system using haptic device. This system can be cured bad habit of pen pressure because it controls the force not only to the x and y axes, but also z axis. In order to improve the effect of training, this paper is described considerations about effective leading method and effectiveness of displaying visual information by examination of correlation between writing track and force.
キーワード (和) 触覚デバイス / PHANToM / 文字練習 / 動作誘導 / / / /  
(英) Haptic Device / PHANToM / Calligraphy System / Motion Lead / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 39, ME2015-105, pp. 5-8, 2015年10月.
資料番号 ME2015-105 
発行日 2015-10-22 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME JSKE  
開催期間 2015-10-29 - 2015-10-30 
開催地(和) ホテルたつき(愛知県 西浦温泉) 
開催地(英)  
テーマ(和) 感性とメディアおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2015-10-ME-JSKE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 筆圧パターンの統計量を利用した筆記評価の一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration to evaluate handwritten character using statistics of force information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 触覚デバイス / Haptic Device  
キーワード(2)(和/英) PHANToM / PHANToM  
キーワード(3)(和/英) 文字練習 / Calligraphy System  
キーワード(4)(和/英) 動作誘導 / Motion Lead  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 悠佑 / Yusuke Murase / ムラセ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学大学院情報科学研究科 (略称: 愛知県立大)
Graduate School of Information Science and Technology, Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 直希 / Naoki Kamiya / カミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学大学院情報科学研究科 (略称: 愛知県立大)
Graduate School of Information Science and Technology, Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 和人 / Kazuhito Murakami / ムラカミ カズヒト
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学大学院情報科学研究科 (略称: 愛知県立大)
Graduate School of Information Science and Technology, Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-29 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2015-105 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2015-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会