お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-14 09:20
複数回のショルダーハッキングに頑健なPINコード入力システムの開発
田中亮佑鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大学
抄録 (和) 従来より,銀行のATMなどにおいて,個人認証は4桁のPINコードの入力を認証対象者に求め,その数字が正しいか否かを判定することにより行われている.しかし,暗証番号による個人認証は入力時の様子を盗撮されたり,背後から覗き見されたり,タッチ後の痕跡を使用したりと比較的簡単な方法により認証を突破されてしまうという事例が後を絶たないのが現状である.そこで本論文では,距離センサを用い,ユーザの眼前にバーチャルタッチパネル(VTP)を構成し,VTP上で非接触かつ痕跡を残さず空中動作でPINコードの入力を行い,さらにPINとPINを選択した指情報の両方用いて個人を認証することで複数回のショルダーハッキングに頑健な個人認証システム提案し,評価実験を行い提案システムの有用性を検証した. 
(英) Conventionally, such as in the bank ATM, the personal authentication demands the input of four-digit PIN codes as a personal identification number to authenticate the subject, it has been carried out by judging whether or not the number is correct. However, the current situation is unending case that personal authentication would have been break through the authentication by a relatively simple method. For example, the voyeur at the time of input or shoulder surfing, further use of a remaining trace after input PIN codes. In this paper, we propose a personal identification system strong to multiple shoulder hacking. The proposed system constitutes a virtual touch panel (VTP) in front of the eyes of the user by depth sensor, and performs input of PIN code by aerial operation that contactless and without leaving a trace. And using both the PIN code and finger information selected the PIN, the proposed system becomes strong to multiple shoulder hacking. And we verified the usefulness of the proposed system by the evaluation experiment.
キーワード (和) 距離センサ / 知識認証 / バーチャルタッチパネル / 空中PINコード入力 / 覗き見 / / /  
(英) depth sensor / knowledge authentication / virtual touch panel / aerial PIN code input / shoulder hacking / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 43, HI2015-70, pp. 35-38, 2015年11月.
資料番号  
発行日 2015-11-06 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2015-11-13 - 2015-11-14 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Korimoto Campus, Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用,マルチモーダル,感性情報処理,一般 
テーマ(英) Visual and auditory Senses, multi modal processing, Kansei information processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2015-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数回のショルダーハッキングに頑健なPINコード入力システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The development of PIN code input system strong to multiple shoulder hacking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 距離センサ / depth sensor  
キーワード(2)(和/英) 知識認証 / knowledge authentication  
キーワード(3)(和/英) バーチャルタッチパネル / virtual touch panel  
キーワード(4)(和/英) 空中PINコード入力 / aerial PIN code input  
キーワード(5)(和/英) 覗き見 / shoulder hacking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 亮佑 / Ryosuke Tanaka / タナカ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大学)
Kagoshima University (略称: Kagoshima University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Masayuki Kashima / カシマ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大学)
Kagoshima University (略称: Kagoshima University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Kiminori Sato / サトウ キミノリ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大学)
Kagoshima University (略称: Kagoshima University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Mutsumi Watanabe / ワタナベ ムツミ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大学)
Kagoshima University (略称: Kagoshima University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-14 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2015-70 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2015-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会