お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-12-10 15:20
ダウン動作リズムを用いたダウン動作評価
早房長敏高橋裕樹電通大
抄録 (和) ダンスを上手に見せるためには,リズムに合わせて身体を動作良く踊ることが大切である.また,そのダンスを評価することは,評価基準が複雑なため困難である.そこで本稿では,ヒップホップダンスを対象として,その基本動作であるダウン動作について動作評価を行うことを目的とする.具体的には,KinectTMで取得した20種類の骨格部位のうち腰部鉛直方向成分の時刻変化を用いてダウン動作のビート時刻を取得する.音楽のビート時刻との差を算出することでダウン動作のリズム誤差抽出を行う.また,ダウン動作のビート時刻における首,両肩,両肘,胸,両腰,両膝の3次元座標を取得する.動作評価を行うために,それらのデータについてあらかじめダンス経験者から得た評価を用いて学習を行い,SVM(Support Vector Machine)を利用して動作評価を行う.その結果,比較的良い結果を得た. 
(英) This paper aims for down motion evaluations in a hip-hop dance using down motions with rhythms in order to perform a dance well. 20 kinds of human joints are measured by KintctTM and a down motion rhythm error as a motion information is calculated by time differences of a music beat and a human motion beat. In addition to the down motion rhythm error, 3 dimensional coordinates of a neck, both shoulders, both elbows, a spine, both hips, and both knees at the human motion beat time are calculated for a motion evaluation with SVM (Support Vector Machine) trained down motion information that are preliminarily evaluated by experienced dancers.
キーワード (和) ダウン動作 / ダンス / リズム / Kinect / SVM(Support Vector Machine) / / /  
(英) Down Motion / Dance / Rhythm / Kinect / SVM(Support Vector Machine) / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 49, ME2015-122, pp. 23-26, 2015年12月.
資料番号 ME2015-122 
発行日 2015-12-03 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2015-12-10 - 2015-12-10 
開催地(和) 桐蔭横浜大学 
開催地(英) Toin Univ. of Yokohama 
テーマ(和) スポーツ映像解析,および一般 
テーマ(英) Sports video analysis, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2015-12-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダウン動作リズムを用いたダウン動作評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Down Motion Evaluation using Down Motion with Rhythm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダウン動作 / Down Motion  
キーワード(2)(和/英) ダンス / Dance  
キーワード(3)(和/英) リズム / Rhythm  
キーワード(4)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(5)(和/英) SVM(Support Vector Machine) / SVM(Support Vector Machine)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早房 長敏 / Nagatoshi Hayabusa / ハヤブサ ナガトシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 裕樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-12-10 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2015-122 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.49 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2015-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会