お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-18 14:55
Field Experiment on User Collaboration for MIMO Systems
Ou ZhaoXiaoliang ShiHidekazu MurataKyoto Univ.
抄録 (和) Collaborative communication working on user side have been identified as one of key technologies for next-generation networks and so that lead to dramatic improvements in both spectral and energy efficiencies. In this technology, multiple collaborative users (CUs) can be considered as a single user equipped with multiple antennas and maximize the performances of multiple-input multiple-output (MIMO) systems, only noting an assumption that the links between all of CUs are perfect. In fact, however, the unsuccessful data sharing between CUs due to, for instance, the presence of interference, may lead to packet errors, and finally decreases the number of collaborated users and further degrades the performance of MIMO systems. In the present study, in order to demonstrate and evaluate the user collaboration, we conduct field experiments to observe the states of inter-user links in MIMO systems with collaborative communications and considering the effect of interference. Experiment results indicate that the links between the CUs are not always prefect, and are significantly affected by the present interference. The results also show some state correlation on the inter-user links. 
(英) Collaborative communication working on user side have been identified as one of key technologies for next-generation networks and so that lead to dramatic improvements in both spectral and energy efficiencies. In this technology, multiple collaborative users (CUs) can be considered as a single user equipped with multiple antennas and maximize the performances of multiple-input multiple-output (MIMO) systems, only noting an assumption that the links between all of CUs are perfect. In fact, however, the unsuccessful data sharing between CUs due to, for instance, the presence of interference, may lead to packet errors, and finally decreases the number of collaborated users and further degrades the performance of MIMO systems. In the present study, in order to demonstrate and evaluate the user collaboration, we conduct field experiments to observe the states of inter-user links in MIMO systems with collaborative communications and considering the effect of interference. Experiment results indicate that the links between the CUs are not always prefect, and are significantly affected by the present interference. The results also show some state correlation on the inter-user links.
キーワード (和) Field experiment / Collaborative communications / User collaboration / Inter-user links / MIMO / / /  
(英) Field experiment / Collaborative communications / User collaboration / Inter-user links / MIMO / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 4, BCT2016-20, pp. 13-16, 2016年2月.
資料番号 BCT2016-20 
発行日 2016-02-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2016-02-18 - 2016-02-19 
開催地(和) かんぽの宿 小樽 
開催地(英) Kanpo-No-Yado (Otaru) 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-02-BCT-BT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Experiment on User Collaboration for MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Field experiment / Field experiment  
キーワード(2)(和/英) Collaborative communications / Collaborative communications  
キーワード(3)(和/英) User collaboration / User collaboration  
キーワード(4)(和/英) Inter-user links / Inter-user links  
キーワード(5)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 欧 / Ou Zhao / チョウ オウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 施 肖亮 / Xiaoliang Shi / シ ショウリョウ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-18 14:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2016-20 
巻番号(vol) 40 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数
発行日 2016-02-11 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会