お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-19 11:40
[記念講演]高度広帯域衛星デジタル放送のための受信アンテナ・宅内配信機器の研究開発
長坂正史NHK
抄録 (和) 8Kスーパーハイビジョンなどの放送サービスを提供するためのメディアとして,12GHz帯(11.7〜12.75GHz)の右旋・左旋円偏波による衛星放送が検討されている.右旋円偏波と左旋円偏波の衛星放送を同時に,1本の同軸ケーブルで宅内に配信するためには,左旋円偏波の放送波を現行の中間周波数(1032.23〜2070.25MHz)よりも高い周波数に変換する必要がある.そこで,宅内配信システムの検討に資するデータの取得を目的として,市販の宅内配信機器について,シールド特性と通過特性を評価した.また,受信アンテナとして,右旋・左旋円偏波共用のパラボラアンテナを用いれば,両偏波の放送サービスを1台で受信できるため,従来と同じスペースに設置可能であるとともに,導入コストの低減が期待できる.2015年3月のARIB標準規格STD-B63改定において,左旋円偏波用の中間周波数(2224.41〜3223.25MHz)が規定されたので,その仕様に従い,右旋・左旋円偏波共用受信アンテナを量産に適した方法で試作し評価した.測定の結果,12GHz帯の放送帯域において,開口効率74%以上,交さ偏波識別度 26dB以上,コンバータ雑音指数1dB以下を得るとともに,放射パターン測定値はSTD-B63の参照パターンに適合することを確認した. 
(英) A 12-GHz (11.7 to 12.75 GHz) band satellite service with dual-circular polarization is being studied for transmission channels to deliver Ultra High Definition Television (UHDTV) broadcasting services. To carry the received signals, which are provided with right- and left- hand circular polarizations, on a single coaxial cable simultaneously, the signal provided with the left hand circular polarization has to be converted to the frequency higher than the intermediate frequency currently used (1032.23 to 2070.25 MHz). We evaluated the characteristics of the distribution equipment to study the technical problem of distribution systems for the satellite broadcasting reception. We also fabricated and tested a right- and left-circular polarized parabolic reflector antenna because the dual-polarization receiving antenna will make it possible to receive services provided over these polarizations with a single reflector antenna, reducing the installation costs of the receiving system. ARIB Standard STD-B63 defined the intermediate frequency for the signals with left-circular polarization (2224.41 to 3223.25 MHz) in March 2015. Therefore, we fabricated and measured the dual-polarization receiving antenna in accordance with the specifications of the standard, considering the feasibility of the mass production. The measured results showed that the aperture efficiency was more than 74 %, the cross polarization discrimination was more than 26 dB and the noise figure of the converter was less than 1 dB throughout the 12-GHz band. The radiation pattern of the fabricated antenna also complied with the reference pattern of ARIB Standard STD-B63.
キーワード (和) 衛星放送 / 12GHz帯 / 偏波共用アンテナ / 受信アンテナ / シールド特性 / 挿入損失 / /  
(英) Satellite Broadcasting / 12-GHz Band / Receiving Antenna / Dual-polarization Antenna / Shielding Effectiveness / Insertion Loss / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 4, BCT2016-33, pp. 67-72, 2016年2月.
資料番号 BCT2016-33 
発行日 2016-02-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2016-02-18 - 2016-02-19 
開催地(和) かんぽの宿 小樽 
開催地(英) Kanpo-No-Yado (Otaru) 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-02-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高度広帯域衛星デジタル放送のための受信アンテナ・宅内配信機器の研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research and Development on Receiving Antenna and Distribution Equipment for UHDTV Satellite Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星放送 / Satellite Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 12GHz帯 / 12-GHz Band  
キーワード(3)(和/英) 偏波共用アンテナ / Receiving Antenna  
キーワード(4)(和/英) 受信アンテナ / Dual-polarization Antenna  
キーワード(5)(和/英) シールド特性 / Shielding Effectiveness  
キーワード(6)(和/英) 挿入損失 / Insertion Loss  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corp. (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-19 11:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2016-33 
巻番号(vol) 40 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数
発行日 2016-02-11 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会