お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-19 09:25
ブロックQR分解を用いた演算量削減型4×4 MIMO-MLD復調器の試作
伊藤史人中川孝之濱住啓之NHK)・府川和彦東工大
抄録 (和) 筆者らは,SHV (Super Hi-Vision) ワイヤレスカメラの実現を目指し,4×4 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) による大容量伝送技術の開発を進めている.4×4 MIMOでは,最良の信号検出結果が得られるMLD (Maximum Likelihood Detection) の演算量が大きくなる課題があり,これまでにブロックQR分解を用いた演算量削減型MLDを提案してきた.今回,提案アルゴリズムを用いたQPSK (Quadrature Phase Shift Keying) の4×4 MIMO復調器を試作し,演算量削減効果とBER (Bit Error Rate) 特性の評価を行った.その結果,演算量については従来のMLDに比べて乗算回数を約54 %,加減算回数を約56 %に削減することができた.また,BER特性については,計算機シミュレーション結果から約1 dBの劣化に抑えることができた. 
(英) The authors have been researching large capacity transmission technology using 4x4 MIMO scheme to develop SHV wireless cameras. As the number of transmitting antennas increases such as a 4x4 MIMO system, the complexity of signal detection by MLD, which is the best technique to achieve low BER performance, becomes large exponentially. To solve this difficulty, we have proposed the complexity-reduced MLD using Block QR decomposition. In this report, we developed an experimental system of 4x4 MIMO-QPSK demodulator using proposed technique and evaluated the effectiveness of complexity reduction and the BER performance. From the result, we succeeded in developing the 4x4 MIMO-QPSK demodulator which reduces multiplications to 54 % and additions-subtractions to 56 % compared with conventional MLD, achieving the BER performance degraded by 1 dB from the result of computer simulation.
キーワード (和) ワイヤレスカメラ / MIMO / MLD / 演算量削減 / ブロックQR分解 / / /  
(英) Wireless Camera / MIMO / MLD / Complexity Reduction / Block QR Decomposition / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 4, BCT2016-29, pp. 49-52, 2016年2月.
資料番号 BCT2016-29 
発行日 2016-02-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2016-02-18 - 2016-02-19 
開催地(和) かんぽの宿 小樽 
開催地(英) Kanpo-No-Yado (Otaru) 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロックQR分解を用いた演算量削減型4×4 MIMO-MLD復調器の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Complexity-reduced 4x4 MIMO-MLD Demodulator with Block QR Decomposition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスカメラ / Wireless Camera  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(4)(和/英) 演算量削減 / Complexity Reduction  
キーワード(5)(和/英) ブロックQR分解 / Block QR Decomposition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumito Ito / イトウ フミト
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-19 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2016-29 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2016-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会