お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-20 13:45
Kinectを用いた身体動作入力による振付合成システム
野村哲聖曽我麻佐子龍谷大
抄録 (和) 本研究では, ダンスの振付創作を支援するために人体アニメーションを簡易かつ低コストに作成することを目的とし, Kinectを用いた身体動作入力による振付合成システムを開発した. 本システムでは, ヒップホップダンスのステップを時系列に組み合わせて再生し, それに合わせてKinectを用いて両腕の動作を入力する. モーションデータと入力した動作を合成し, 3DCGキャラクタによるアニメーションでリアルタイムに確認できる. 
(英) In this study, we simply created three-dimensional animations of the human body at low cost to support dance creation. We developed a choreography synthesis system by inputting body-part motions using a Kinect. During the playback of the existing motion data, the motions of both arms inputted by Kinect were synthesized to the motion data in real time. Users combine steps from 40 hip-hop dance steps that were prepared in four counts in time series and input the arm motions to the created sequence. The inputted arm motions are blended to the corresponding parts of the hip-hop steps.
キーワード (和) Kinect / 動作合成 / ヒップホップダンス / 振付 / / / /  
(英) Kinect / motion synthesis / hip-hop dance / choreography / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 5, ME2016-16, pp. 61-62, 2016年2月.
資料番号 ME2016-16 
発行日 2016-02-13 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2016-02-20 - 2016-02-20 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2016-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Kinectを用いた身体動作入力による振付合成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Choreography synthesis system by inputting body-part motions using a Kinect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(2)(和/英) 動作合成 / motion synthesis  
キーワード(3)(和/英) ヒップホップダンス / hip-hop dance  
キーワード(4)(和/英) 振付 / choreography  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 哲聖 / Tetsutoshi Nomura / ノムラ テツトシ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽我 麻佐子 / Asako Soga /
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-20 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2016-16 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.61-62 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-ME-2016-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会