お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-08 14:25
視覚探索を再現する視覚的注意の神経機構モデル
前田侑大正岡明浩小濱 剛近畿大
抄録 (和) 本研究では,視覚探索時の情報処理メカニズムを解明することを目的として,視覚的注意の制御に関与する神経機構の数学的モデルを提案する.視覚探索時には,トップダウン注意とボトムアップ注意が協調的に作用することから,提案モデルは,先行研究により報告されているトップダウン注意の振る舞いを再現するモデルに対して,ボトムアップ注意の機能を考慮し,視対象が選択される神経ネットワークを構築した.シミュレーションの結果,提案モデルは,実験的に示された神経応答を再現し,かつ,視覚探索時の視線移動の特徴をも再現することが示された. 
(英) In this study, we proposed a mathematical model of neuron network which concerns the control of visual attention, in order to understand the information processing of the visual system during visual search. Since bottom-up and top-down attention cooperatively perform during visual search tasks, the proposed model was constructed to have a network of bottom-up attention and integrate bottom-up and top-down processes to select a visual target based on the previous model which is able to replicate behaviors of top-down attention. Simulation results show that our model replicates the physiological evidence of neuron activities and the characteristic of eye movements during visual search tasks.
キーワード (和) 視覚神経系 / 視覚的注意 / 視覚探索 / 数理モデル / 高次機能 / / /  
(英) Visual nerve system / Visual attention / Visual search / Mathematical model / Higher order function / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 9, HI2016-47, pp. 21-24, 2016年3月.
資料番号 HI2016-47 
発行日 2016-03-01 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DMT  
開催期間 2016-03-08 - 2016-03-08 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2016-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚探索を再現する視覚的注意の神経機構モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A visual search simulation by a neuron network model of visual attention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚神経系 / Visual nerve system  
キーワード(2)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(3)(和/英) 視覚探索 / Visual search  
キーワード(4)(和/英) 数理モデル / Mathematical model  
キーワード(5)(和/英) 高次機能 / Higher order function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 侑大 / Yuta Maeda / マエダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学大学院 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 正岡 明浩 / Akihiro Masaoka / マサオカ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-08 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 HI2016-47, 3DIT2016-6 
巻番号(vol) 40 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数
発行日 2016-03-01 (HI, 3DIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会