お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:15
即興演奏に呼応するアフェクティブな映像生成システム
小林杏理藤代一成慶大
抄録 (和) 本稿では, 即興演奏を行う楽器演奏者を対象ユーザとして, その演奏情報をリアルタイムに読み取り, それに呼応して映像生成を行うシステムを提案する. 提案システムでは, 演奏者の演奏をアフェクティ
ブな評価基準をもって評価し, その結果に応じて映像生成を行い, 演奏者にインスピレーションを与えることを目指す. インスピレーションを得た演奏者が演奏を変化させ, またシステムはそれに呼応し映像を変化させるという, アフェクティブな表現のループを形成することで, 演奏者の「共演者」としての役割をシステムで再現することが, 本研究の目標である. 
(英) In this article, we propose a system that generates videos in response to an impromptu performance of a musical instrumental player. The system evaluates the input signals in an affective way and generates an inspirational video based on the results of the evaluation. Then, the player tends to change his/her performance while watching the
resultant video. The final goal of this study is to establish an affective loop, where the system acts as a “co-player” who continues to have an influence on the performance of the real player.
キーワード (和) 映像生成 / 音楽演奏 / アフェクティブコンピューティング / 分類器 / セルオートマトン / / /  
(英) Video Generation / Musical Performance / Affective Computing / Classifier / Cell Automaton / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-119, pp. 261-264, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 即興演奏に呼応するアフェクティブな映像生成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Affective Video Generation System in Response to Impromptu Musical Performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像生成 / Video Generation  
キーワード(2)(和/英) 音楽演奏 / Musical Performance  
キーワード(3)(和/英) アフェクティブコンピューティング / Affective Computing  
キーワード(4)(和/英) 分類器 / Classifier  
キーワード(5)(和/英) セルオートマトン / Cell Automaton  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 杏理 / Anri Kobayashi / こばやし あんり
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2016-119 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.261-264 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会