お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 10:40
アニメに付与する魔法系効果音のプロシージャル試行ツール
佐藤菜々伊藤彰教三上浩司東京工科大
抄録 (和) 効果音は従来から、日本のアニメのファンタジックな場面にて重要な役割を果たしてきた。一方、近年の効果音制作ではディジタル音楽制作ツールを利用することが多いが、操作パラメータや音の質感などの面から日本のアニメ効果音制作において必ずしも便利なツールとは言い難い。本研究では、日本のアニメ特有の魔法・光の柱など架空事象の映像表現を対象として、50以上の効果音の収集と属性分類を行った上で、この属性分析結果をパラメータとしてプロシージャルに試行できる音響制作ツールを作成した。ゲームエンジンと音響合成プログラムを連携させ、オーラや光の球のような映像要素に対し音高や周波数成分等の属性を変化させることで、プロシージャルに音響生成とテストを実行可能にした。 
(英) Sound effect is the important part of fantastical scene in ANIME, especially for girls ANIME. However the sound design method is still closed and not enough researched. Moreover, the recent digital sound design tools become to make 'American taste' sounds, not to fit for ANIME sound. In this paper, we propose the sound design testing tools in procedural way. Before the development, we survey more than 50 sounds from the scenes of emitting magic, changing the clothing, magical flying and so on in ANIME for girls. The attributes uncovered by the survey served as a basis of the parameters of developing tools. The tool is built with associated by a Unity and Supercollider. It enables to make and confirm the sounds for magical ANIME image elements interactively.
キーワード (和) 効果音制作 / アニメ / 音響合成 / パーティクル / / / /  
(英) Sound Effect Production / ANIME / Sound Synthesis / Particle / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-75, pp. 115-116, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アニメに付与する魔法系効果音のプロシージャル試行ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Procedural Sound Design Tool for Magical Visual Expression in Japanese Animation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 効果音制作 / Sound Effect Production  
キーワード(2)(和/英) アニメ / ANIME  
キーワード(3)(和/英) 音響合成 / Sound Synthesis  
キーワード(4)(和/英) パーティクル / Particle  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 菜々 / Nana Satou / サトウ ナナ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami / ミカミ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 10:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-75 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.115-116 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会