お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:15
KinectV2を用いたモーションキャプチャによるアニメーテッドホログラム用点光源データの生成
志田陽平吉川 浩山口 健日大
抄録 (和) アニメーテッドホログラムは視点を動かすことにより,再生される3次元像に動きを付けたものである.アニメーテッドホログラムを計算機合成ホログラムで作成する場合,動きのある物体の点光源データ群が必要となる.しかし,動きのある点光源データ群の作成に用いるモーション情報を手作業で生成するには時間と専用の技術が必要となる.そこで,KinectV2を用い,体の動きからモーションの生成を行うことで,時間的コスト及び技術的コストを軽減する.本研究ではモーションキャプチャシステムを開発し,取得したモーションからアニメーテッドホログラム用の点光源データ群を出力する. 
(英) The animated hologram can recostruct moving three-dimensional image when observer change the viewing position.In case of the animated computer-generated hologaram, calculation system required the set of the point light source which is generated from animated CG data.However, create of the motion file requires a lot of time and dedicated techonology.In this paper, to use the KinectV2, system generates a motion file from the body action.Then, it is possible to reduce the time cost and technical costs.We have developed a motion capture system using the KinectV2.Moreover, we have developed point light source generation system which calculates from the motion file, and calculated the animated computer-generated cylindrical hologram.
キーワード (和) Kinect / モーションキャプチャ / ジョイント / ホログラム / 計算機合成ホログラム / 円筒ホログラム / /  
(英) Kinect / MotionCapture / Joint / Hologram / Computer-Generated Hologram / Cylindrical Hologram / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-92, pp. 169-172, 2016年3月.
資料番号 AIT2016-92 
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KinectV2を用いたモーションキャプチャによるアニメーテッドホログラム用点光源データの生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation of point light source data for animated hologram with motion capture using KinectV2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(2)(和/英) モーションキャプチャ / MotionCapture  
キーワード(3)(和/英) ジョイント / Joint  
キーワード(4)(和/英) ホログラム / Hologram  
キーワード(5)(和/英) 計算機合成ホログラム / Computer-Generated Hologram  
キーワード(6)(和/英) 円筒ホログラム / Cylindrical Hologram  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 志田 陽平 / Yohei Shida / シダ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 浩 / Hiroshi Yoshikawa / ヨシカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 健 / Takeshi Yamaguchi /
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2016-92 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.169-172 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会