お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:15
USBカメラによるレンティキュラ撮影システムの立体感向上
中庭健太郎山口 健吉川 浩日大
抄録 (和) 本研究では,レンティキュラ方式を利用した立体視ポートレート撮影システムの開発を行う.従来のシステムでは,4台のUSBカメラから画像取得を行っていた.また,撮影後に行う画像の位置調整を手動で行っていたため,レンティキュラ画像の作製に多くの時間を要していた.本研究で開発するシステムでは,カメラ台数を8台に増やすことにより自然な立体視を可能にする.さらに,画像の位置調整を半自動化することにより,画像合成の時間を短縮する.半自動化は,SIFTとSURFというアルゴリズムにより特徴点抽出と同一点取得を行い,任意の同一点を基準に重ね合わせることで行う. 
(英) We have developed stereoscopic portrait photography system using a lenticular method. In our previous study, we had proposed the lenticular portrait system with four USB cameras. Therefore, we could take the parallax images of a moving object. However, previous system required a lot of time for image position adjustment by the hand. In this paper, we have developed the lenticular portrait system with eight USB cameras. New output lenticular image can provide the better 3D effect, compared with the previous one. Also, to use the SIFT or SURF algorithm, proposed system can adjust the parallax image automatically. As a result, we could shorten the time of image synthesis.
キーワード (和) レンティキュラ / 3Dポートレート / システム / 写真 / USBカメラ / / /  
(英) lenticular / 3D portrait / system / photography / USB camera / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-93, pp. 173-176, 2016年3月.
資料番号 AIT2016-93 
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) USBカメラによるレンティキュラ撮影システムの立体感向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D effect improvement of a lenticular system with USB cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レンティキュラ / lenticular  
キーワード(2)(和/英) 3Dポートレート / 3D portrait  
キーワード(3)(和/英) システム / system  
キーワード(4)(和/英) 写真 / photography  
キーワード(5)(和/英) USBカメラ / USB camera  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中庭 健太郎 / Kentaro Nakaniwa / ナカニワ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 健 / Takeshi Yamaguchi / ヤマグチ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 浩 / Hiroshi Yoshikawa / ヨシカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2016-93 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.173-176 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会