お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 10:42
心拍による楽曲のリラクゼーション効果の計測と感性要素パターンの抽出
田邉ちひろ菊池 司東京工科大
抄録 (和) 本研究では,リラクゼーション効果のある楽曲として一般に知られているクラシック楽曲を用いて,譜面上と実際に演奏された楽曲の視聴の両方の分析を行い,人間の生理反応の一つである心拍の反応変化の計測によりリラクゼーション効果を形成する要素を明らかにする.譜面上に見られるリラクゼーションに関するパターンと,楽曲を聴取した際に人間に見られる心拍数の変化とアンケートを用いて楽曲の与える印象と感情表現を分析し,パターンの抽出を図る. 
(英) In this paper, we used the classical music is generally known as music with a relaxation was analyzed for both viewing of the music is actually played and the score is one of the human physiological response clarify the elements that form the relaxation effect by the measurement of the reaction changes in heart rate. As a specific method, and analyzed the pattern for relaxation found on score, the impression and emotional expressions given by the music using the heart rate variation and the questionnaire seen in humans when listening to music, extraction pattern the attempt.
キーワード (和) 楽曲分析 / リラクゼーション / / / / / /  
(英) Sound analysis / Relaxation / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-43, pp. 5-8, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 心拍による楽曲のリラクゼーション効果の計測と感性要素パターンの抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extraction of Kansei Elements and Heart Rate Measurement of Relaxation Effects of the Music 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 楽曲分析 / Sound analysis  
キーワード(2)(和/英) リラクゼーション / Relaxation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田邉 ちひろ / Chihiro Tanabe / タナベ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 10:42:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-43 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会