お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:05
アイトラッキングを導入したホログラムを用いた視覚支援用マクスウェル視光学系
伊藤悠介高木康博東京農工大
抄録 (和) われわれは,以前に,立体表示技術である計算機ホログラムを用いて,利用者の目の移動に対応できる柔軟なマクスウェル視光学系を実現する方法を提案している.提案方法では,利用者の目の位置を用いてホログラム計算することで,目の位置に対応して集光点を電子的に移動することができる.そこで,ホログラムを用いたマクスウェル視光学系にアイトラッキングを導入した実験装置を実現し,その有効性を確かめた. 
(英) In this study, we propose a method of using a computer generated hologram is a three-dimensional display technology, to achieve a flexible maxwellian view system that can accommodate the movement of the eyes of the user. The proposed method, by the hologram calculated using the position of the eyes of the user, it is possible to move the focal point electronically in response to the eye position. Therefore, to realize the maxwellian view experimental system using a hologram introducing eyetracking, it confirmed the effectiveness.
キーワード (和) マクスウェル視 / 計算機ホログラム / アイトラッキング / 視覚支援 / / / /  
(英) maxwellian view / computer generated hologram / eyetracking / visual support / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 10, 3DIT2016-10, pp. 1-4, 2016年3月.
資料番号 3DIT2016-10 
発行日 2016-03-02 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究,及び立体映像技術一般(ヒューマンインフォメーション研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2016-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アイトラッキングを導入したホログラムを用いた視覚支援用マクスウェル視光学系 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Introduction of eyetracking feature to maxwellian view system for visual support using hologram. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マクスウェル視 / maxwellian view  
キーワード(2)(和/英) 計算機ホログラム / computer generated hologram  
キーワード(3)(和/英) アイトラッキング / eyetracking  
キーワード(4)(和/英) 視覚支援 / visual support  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 悠介 / Yusuke Ito / イトウ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo university of Agriculture and technology (略称: Tokyo univ. of Agri. and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo university of Agriculture and technology (略称: Tokyo univ. of Agri. and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2016-51,ITE-3DIT2016-10 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2016-03-02,ITE-3DIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会