お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 11:54
リアルタイムレンダリングにおける投影面上での曲がり具合を考慮した輪郭線描画
奥屋武志坂井滋和早大
抄録 (和) トゥーンレンダリングにおけるインキング工程では,描画する線に対して変化を与える試みがなされており,太さの変化によって線に強弱を与える手法も開発された.特に,手描きアニメーション調の表現では,鉛筆による線では曲線が直線より太くなることに着目し,線の曲がり具合に基づいて描画される線の太さを変化させる手法が開発されたが,従来法ではモデルの三次元曲率を用いて線の太さを決定していたため,形状によっては投影面上の曲がり具合との相違が生じていた.本論文では投影変換後の二次元座標を用いて各輪郭線の曲がり具合を求めることにより,各線の曲がり具合に対応する太さの輪郭線をリアルタイムに描画する手法を開発した. 
(英) In the inking process of cartoon rendering, the line was given change and the method of changing the thickness of the line was developed. For representation of the cartoon graphics like hand-drawn animation, the method of changing the thickness of the line by the curvature like a pencil line was developed. However, sometimes the method didn't match projection coordinate curvature because it used 3D model curvature. In this paper, we developed the method compute 2D curvature of each line, and it drew line which thickness changes with each 2D curvature in real-time.
キーワード (和) 輪郭線 / トゥーンレンダリング / リアルタイムレンダリング / インキング / 二次元曲率 / / /  
(英) contour line / cartoon rendering / real-time rendering / inking / 2D curvature / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-49, pp. 29-32, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイムレンダリングにおける投影面上での曲がり具合を考慮した輪郭線描画 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-Time Line Rendering Using 2D Curvature 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 輪郭線 / contour line  
キーワード(2)(和/英) トゥーンレンダリング / cartoon rendering  
キーワード(3)(和/英) リアルタイムレンダリング / real-time rendering  
キーワード(4)(和/英) インキング / inking  
キーワード(5)(和/英) 二次元曲率 / 2D curvature  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥屋 武志 / Takeshi Okuya / オクヤ タケシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 滋和 / Shigekazu Sakai / サカイ シゲカズ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 11:54:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-49 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会