お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 14:27
プロジェクションマッピングにおける3D表現に関する一手法
赤松克馬村木祐太西尾孝治小堀研一阪工大
抄録 (和) 近年,プロジェクションマッピング(PM)が注目を集めており,エンターテイメントやプロモーションなどで利用されている.しかし,PM技法のひとつである3D表現は熟練された技術と多くの作業時間が必要であり,制作することは困難である.3D表現は,トリックアートで用いられる視覚効果を利用することで実空間に仮
想物体を出現させることなどの非現実的な空間の表現を可能とする.そこで,本研究ではPM環境を仮想空間上で表現し,コンテンツ制作を仮想空間で行うことを提案する.提案手法では,仮想空間上で視覚効果が得られるように,仮想のプロジェクタからスクリーンへマッピングする投影画像を計算する.そして,仮想空間と実空間のスクリーンを位置合わせすることで,3D表現を用いたPMコンテンツの制作を実現する. 
(英) Recently, projection mapping(PM) has been attracting attention. Especially, it has been used in the entertainment and promotion field. It is difficult to realize 3D image in the PM, because it requires high level creation techniques and lot of time to make contents of the PM. 3D image can be expressed unrealistic 3D space, such as appearance of virtual objects in the real space using trick art technique. In this paper, we propose a method to create the contents of 3D image PM. The method provides an easy use of 3D objects and creation of immersive contents in PM.
キーワード (和) プロジェクションマッピング / 3D表現 / トリックアート / 視覚効果 / / / /  
(英) Projection Mapping / 3D Expression / Trick Art / VFX / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-56, pp. 57-60, 2016年3月.
資料番号 AIT2016-56 
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プロジェクションマッピングにおける3D表現に関する一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 3D Image Generation Method for Projection Mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロジェクションマッピング / Projection Mapping  
キーワード(2)(和/英) 3D表現 / 3D Expression  
キーワード(3)(和/英) トリックアート / Trick Art  
キーワード(4)(和/英) 視覚効果 / VFX  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤松 克馬 / Katsuma Akamatsu / アカマツ カツマ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村木 祐太 / Yuta Muraki / ムラキ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 孝治 / Koji Nishio / ニシオ コウジ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 研一 / Ken-ichi Kobori / コボリ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 14:27:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2016-56 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会