お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 10:40
流体シミュレーションを応用したモーションブラーの生成
内田 裕菊池 司東京工科大
抄録 (和) 近年の日本のアニメーションにおいて,従来の手書き作画と併用する形で3DCGによる画像生成が使われる場面が増えている.この場合,手書きアニメーション風にレンダリングされた3DCG映像が使われるため,モーションブラーに関しても写実的なものだけではない表現の多様性が必要となってきている.本研究では,モーションブラーに流体シミュレーションを応用し,オブジェクトが高速で動いた瞬間にオブジェクトの周囲で巻き起こる乱流現象を可視化する形で新しい見方のモーションブラーを表現する手法を提案する.シーン中で高速に移動するオブジェクトからパーティクルを放出し,グリッドベースで計算し流体シミュレーションを行う.さらに,シミュレーションされたパーティクルを利用してパーティクルベースボリュームレンダリングによる可視化を行う.
本手法により,複雑に揺らぎながら変化するモーションブラーの生成が可能となる. 
(英) This study the fluid simulation is applied to motion blur, we propose a method to represent the motion blur of the new perspective, at the moment the object was moving at high speed, the winding occur turbulence around the object in the form of visualization. Emit particles from the object to be moved at high speed, make a fluid simulation calculated by the grid-based. And using the simulated particle, it performs visualization particle-based volume rendering. This method enables the generation of motion blur that changes with complex sway.
キーワード (和) モーションブラー / 流体シミュレーション / 3DCG / / / / /  
(英) Motion blur / Fluid Simulation / 3DCG / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-111, pp. 229-232, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 流体シミュレーションを応用したモーションブラーの生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Motion Effects using Fluid Simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モーションブラー / Motion blur  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / Fluid Simulation  
キーワード(3)(和/英) 3DCG / 3DCG  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 裕 / Yutaka Uchida / ウチダ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 10:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-111 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.229-232 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会