お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 10:40
作曲家の変奏特徴を理解するための変奏曲可視化システム
村岡遼太藤代一成慶大
抄録 (和) 変奏曲とは,主題とよばれる簡単な旋律と主題を様々に変化させた変奏からなるクラシック音楽の楽曲形式
の一つである.変奏曲を理解する際には,主題がどのように変化しているかを把握することが重要であるが,楽器経験者でも楽譜や音源のみから主題の変化の様子を読み取ることは困難である.そこで本研究では,楽器の演奏者や,音楽は聴くが演奏経験はないといった音楽愛好家に対して,変奏曲の構造を可視化するシステムを開発した.本システムは,入力をMIDI データとし,3 次元空間にオブジェクトを配置することで可視化する.その際,用いられている変奏様式によりオブジェクトの色や形状を変化させることでどのような変奏がなされてかを表現している.また,ユーザがより変奏曲の構造を理解しやすくするよう対話的機能を提供する.システムの性能を評価するにあたり,マッピングのわかりやすさ,楽譜と本システムを用いた際の変奏曲の理解度についての実験を行い,本システムが変奏曲の構造理解に有効であることが示された. 
(英) Variation is a form of classical music, which consists of a simple melody, called theme, followed by varied theme in terms of harmony and rhythm. For understanding variations, it is important to catch how the theme is varied while it is difficult even for people with musical experience to do it only from scores and/or sound sources. In this study, a new method was developed, which allows instrument players or music lovers to visually understand the structure of variations. The system takes a MIDI dataset of a variation as input, and visualizes its musical structure by placing corresponding geometric objects in a designated 3D space, where a set of visual mappings are devised to associate each of the known variation forms with the parameters of the rendered objects. The system also provides information seeking functions so that the users can comprehend the structure of the variation interactively. Two types of experiments have been carried out to prove the effectiveness of the proposed method in terms of mapping intuitiveness and variation comprehensibility.
キーワード (和) 音楽可視化 / 変奏曲 / MIDI / / / / /  
(英) Music Visualiation / Variations / MIDI / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-68, pp. 89-92, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 作曲家の変奏特徴を理解するための変奏曲可視化システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Variation Visualization System for Understanding Variation Features of Classical Music Composers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽可視化 / Music Visualiation  
キーワード(2)(和/英) 変奏曲 / Variations  
キーワード(3)(和/英) MIDI / MIDI  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 遼太 / Ryota Muraoka / ムラオカ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大学院 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大学院 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 10:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2016-68 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.89-92 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会