お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 10:30
マルチスレッド設計によるインタラクティブなグルーヴ可視化
神 展彦慶大)・芳賀直樹野村総研)・藤代一成慶大
抄録 (和) グルーヴとは,演奏における音のうねり,リズムのノリや一体感などを表す,よい演奏に必要不可欠な要素のひとつである.グルーヴ可視化は,音楽的センスや聴力の個人差によらないグルーヴの習得や音楽経験に制限されない音楽の感動の共有など,さまざまな応用につながる.
本稿では,MIDI信号として入力された音楽をインタラクティブに図形に変換する,直感的なリズム可視化システム SeeGroove2 を提案する.演奏された音符それぞれに対して点をプロットし,滑らかに補間することにより,リズムパターンを多様な形に表現する.演奏に対してインタラクティブに図形が変化するので,ユーザは音楽の移り変わりを視覚的に感じることができる.このインタラクティブ性は,1,920 Hzで動作する入力系スレッドと60 Hzで動作する計算・描画系スレッドのマルチスレッド設計によって実現されている. 
(英) “Groove”, the sense of rhythmic “feel” or musical “swing”, is one of the most essential factors for a good musical performance. Groove visualization can assist ones to acquire groove sensation and share impressive expressions of music, regardless of personal hearing ability or musical sense.
In this article, we propose an intuitive visualization system called “SeeGroove2”, which converts MIDI musical inputs into graphical form interactively. Rhythm patterns are rendered to various shapes by plotting each played note as a point and smoothly interpolating them. Because shapes change interactively as the music performance progresses, the user can visually feel transitions in the music. The Groove2 system was implemented in a multithreaded fashion, by coupling threads of input processing at 1,920 Hz and threads of rendering at 60 Hz.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 音楽可視化 / グルーヴ / MIDI / / / /  
(英) computer graphics / music visualization / groove / MIDI / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-42, pp. 1-4, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチスレッド設計によるインタラクティブなグルーヴ可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive Groove Visualization via Multithreaded Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / computer graphics  
キーワード(2)(和/英) 音楽可視化 / music visualization  
キーワード(3)(和/英) グルーヴ / groove  
キーワード(4)(和/英) MIDI / MIDI  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神 展彦 / Nobuhiko Jin / ジン ノブヒコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大学院 (略称: 慶大)
Graduate School, Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳賀 直樹 / Naoki Haga / ハガ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 野村総合研究所 (略称: 野村総研)
Nomura Research Institute, Ltd. (略称: NRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishito /
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 10:30:00 
発表時間 12 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2016-42 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会