映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:15
映画作品分析に基づく主人公に対する行動支援研究
今井歩久登菅野太介三上浩司近藤邦雄東京工科大
抄録 (和) 近年、映像コンテンツの増加に伴い、シナリオの需要も増加傾向にある。本研究ではシナリオ執筆者のために、主人公に対する他の登場人物の行動やセリフである態度の執筆を支援することを目的とした。まず既存の映画作品を調査した。登場時間が最長の人物を主人公と定義し、主人公に複数回接触している登場人物を中心に、主人公に対しての行動やセリフである態度描写を抽出した。 その後、抽出した情報を動詞に抽象化して先行研究を参考に分類、これらの分析結果をもとに態度描写を検索や登録できる態度表現支援ツールを開発した。この支援ツールの有効性を確かめるために評価実験をおこなった。その結果、支援ツールを使用することにより新たな態度表現のアイデアを作成できることが分かった。 
(英) In recent years, it has also increased the demand of the scenario by picture contents increasing. This study aimed to support scenario writing. Its content is the supporting role of behavior and dialogue for the main character. To investigate the existing movies. Appeared in time was defined as the main character the longest person. And at the center of the characters that are in contact several times a hero, It was extracted depiction of attitude toward the hero of the supporting role. Then, the extracted information was abstracted into a verb, It was classified in reference to previous studies. We have developed a tool that can search and register the attitude portrayed by the results based on, It has proposed support to the idea of supporting role attitude depiction. To confirm the effectiveness of the supporting tool, an experiment was conducted to confirm the evaluation. As a result, experiment collaborators were able to come up with the idea of attitude expressed by using the support tool.
キーワード (和) シナリオ / 態度 / 発想支援 / / / / /  
(英) Scenario / Attitude / Creativity support / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-127, pp. 291-293, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映画作品分析に基づく主人公に対する行動支援研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies on assist for writing on the scenario the attitude of supporting roles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シナリオ / Scenario  
キーワード(2)(和/英) 態度 / Attitude  
キーワード(3)(和/英) 発想支援 / Creativity support  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 歩久登 / Hokuto Imai / イマイ ホクト
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 太介 / Daisuke kanno / カンノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami / ミカミ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 邦雄 / Kunio Kondo / コンドウ クニオ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-127 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.291-293 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会