お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-11 11:20
Hybrid Log-Gamma方式とPerceptual Quantizer方式の符号化性能比較
岩村俊輔市ヶ谷敦郎西田幸博NHK
抄録 (和) 超高精細度テレビジョンの放送方式においてHDR映像フォーマットとして規定されるHybrid Log-Gamma(HLG)方式とPerceptual Quantizer(PQ)方式のHEVCにおける符号化性能評価を報告する.異なる信号方式の符号化劣化を比較するため,CIE 1976で規定されるL*a*b*色空間上での色差ΔEによるHEVC Main10符号化映像品質の客観評価を行った.本実験によりHLG方式はPQ方式に比べ視覚的な符号化劣化が概ね少ないことが確認された.また,PQ方式では符号化処理前後における信号変換過程において,伝達特性の非線形性の高さに起因する色劣化が大きいことが定量的に確認された. 
(英) This paper addresses comparison of coding performance of Hybrid Log-Gamma (HLG) system and Perceptual Quantizer (PQ) system, which are both adopted for ultra-high definition television broadcasting services. For comparing coding performance between different HDR video formats, we conducted objective quality evaluation using delta-E measurement in CIE 1976 L*a*b* color space. The experimental results show that coding artifacts of HLG system in terms of delta E are less than those of PQ system for almost all the test sequences used. Additionally, color artifacts in PQ system were observed, which were caused by signal conversion and strong non-linearity of transfer characteristics.
キーワード (和) HDR / Hybrid Log-Gamma(HLG) / Perceptual Quantizer(PQ) / HEVC / L*a*b*色空間 / / /  
(英) High dynamic range / Hybrid Log-Gamma (HLG) / Perceptual Quantizer (PQ) / HEVC / L*a*b* color space / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 14, BCT2016-36, pp. 9-12, 2016年3月.
資料番号 BCT2016-36 
発行日 2016-03-04 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2016-03-11 - 2016-03-11 
開催地(和) 大濱信泉記念会(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Hybrid Log-Gamma方式とPerceptual Quantizer方式の符号化性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Coding Performance between Hybrid Log-Gamma system and Perceptual Quantizer system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HDR / High dynamic range  
キーワード(2)(和/英) Hybrid Log-Gamma(HLG) / Hybrid Log-Gamma (HLG)  
キーワード(3)(和/英) Perceptual Quantizer(PQ) / Perceptual Quantizer (PQ)  
キーワード(4)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(5)(和/英) L*a*b*色空間 / L*a*b* color space  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 俊輔 / Shunsuke Iwamura / イワムラ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市ヶ谷 敦郎 / Atsuro Ichigaya / イチガヤ アツロウ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 幸博 / Yukihiro Nishida / ニシダ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-11 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2016-36 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2016-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会