お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-06 15:15
HDRとSDRを同時に撮影可能なテレビカメラ
池田善敬正岡顕一郎西田幸博NHK
抄録 (和) 2016年から試験放送が開始される超高精細度テレビジョン放送では,高ダイナミックレンジ(HDR)テレビの放送が予定されている.一方,既存の地上デジタル放送や衛星デジタル放送では標準ダイナミックレンジ(SDR)のHDTV放送が継続される.そのため,HDRとSDRの両映像方式による同時番組制作が必要となる場合がある.このうち,屋外中継のような,被写体の輝度が制御困難な撮影環境での番組制作では, HDRとSDRのそれぞれに適したアイリス調整が必要となる.そこで,1台のカメラでHDRとSDRの両映像を同時に撮影可能なカメラを考案した.このカメラは,HDRとSDR共通の光学アイリスに加えて,SDR用に電子アイリスを備え,それぞれのダイナミックレンジに適した信号を出力することが可能である.このカメラの検証装置を試作して撮影実験を行い,有効性を確認した. 
(英) Ultra High Definition Television (UHDTV) test broadcasting is planned to start in 2016 in Japan. This will include High Dynamic Range (HDR) television. On the other hand, HDTV with Standard Dynamic Range (SDR) is continued in the existing terrestrial and satellite broadcasting. It would be necessary to produce both HDR and SDR programs simultaneously. In an outdoor shooting environment where the luminance of objects cannot be controlled by producers, HDR and SDR require different iris control. We have devised a television camera that can capture both HDR and SDR images simultaneously. This camera is equipped with “an electronic iris” in addition to a conventional optical iris so that HDR and SDR images can be produced with different aperture adjustments. We have developed a prototype of a camera and confirmed the effectiveness by an experimental shooting.
キーワード (和) 高ダイナミックレンジ(HDR) / アイリス / トーンマッピング / 超高精細度テレビジョン放送 / / / /  
(英) High Dynamic Range / Iris / Tone Mapping / UHDTV broadcasting / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 15, IST2016-28, pp. 29-32, 2016年5月.
資料番号 IST2016-28 
発行日 2016-04-29 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2016-05-06 - 2016-05-06 
開催地(和) 東京理科大学 森戸記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2016-05-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HDRとSDRを同時に撮影可能なテレビカメラ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A television camera to capture HDR and SDR images simultaneously 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高ダイナミックレンジ(HDR) / High Dynamic Range  
キーワード(2)(和/英) アイリス / Iris  
キーワード(3)(和/英) トーンマッピング / Tone Mapping  
キーワード(4)(和/英) 超高精細度テレビジョン放送 / UHDTV broadcasting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 善敬 / Yoshitaka Ikeda / イケダ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 正岡 顕一郎 / Kenichiro Masaoka / マサオカ ケンイチロウ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 幸博 / Yukihiro Nishida / ニシダ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-06 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2016-28 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2016-04-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会